妻の浮気発覚で冷めて嫌いに|不倫した妻へ抱く感情は嫌悪感・気持ち悪い

妻の浮気が発覚するとこれまでの愛情がウソのように冷めてしまい、気がつくと嫌悪感が募り、いつの間にか妻のことを嫌いになってしまうことがあります。嫌悪感が強い場合、気持ち悪いとすら感じるようになります。

強い嫌悪感や生理的な不快感を抱きながら夫婦生活を続けていくことは非常に難しいので、なんとかしてそれらの感情について改善することをおすすめします。ここでは浮気した妻への愛情が冷めて嫌いになる理由や気持ち悪く感じて嫌悪感を抱く理由、そう感じたときの夫婦生活の方向性などをご紹介します。

妻の浮気や不倫でお悩みの方へ

浮気や夫婦問題に関する
専門資格を持つプロのカウンセラー
無料相談してみませんか?

《利用者の声》
「これから何をすべきかはっきりして
前向きに考えられるようになった」
「ずっと落ち込んでいたけど相談したら
嘘のように気持ちが明るくなった」
「たくさんあった心配事がなくなって
一気にストレスを解消できた」

無料相談窓口を利用した9割以上の方
相談だけで悩みを解決しています。

  • 完全無料!日本全国24時間365日対応!
  • 匿名OKなので個人情報は必要なし!
  • 浮気かどうかわからない方も歓迎!

下記の探偵事務所には専任カウンセラーが
在籍しているので無料で相談が可能です。

1位 2位 3位
HAL探偵社 原一探偵事務所 響・Agent
満足度98% 解決実績No.1 弁護士が運営

ランキングを詳しく見る

妻の浮気が発覚!気持ちが冷めて嫁を嫌いになる理由

妻の浮気が発覚したときに、気持ちが冷めてしまい、嫌いになってしまう理由を客観的に考えることで、自分を冷静に見つめ直し、何らかのアクションを取るために前向きな気持になれることがあります。そこで不倫妻への気持ちが冷めて嫌いになる理由をいくつかご紹介します。

自分が注いだ妻への愛情が無駄になったから

妻の浮気や不倫は夫に対する裏切り行為です。嫁に浮気や不倫をされると、これまで自分が注いだ妻への愛情や二人で過ごした時間、思い出が全て壊れてしまい、無駄になった感覚に襲われ、一気に気持ちが冷めて妻のことを嫌いになってしまいます。

妻は浮気や不倫を隠して自分を騙していたから

夫婦関係を維持していくためには信頼関係が必要不可欠です。夫婦関係とはある意味お互いの命を預けているといっても過言ではありません。それは生命を維持するための食事や生活するためのお金のやりくりなど、信用しているからこそ夫婦として成り立っています。

嫁に浮気や不倫をされ、そのことを隠されているということは自分を欺き騙しているということです。そんな妻に自分の命を預けることはできません。夫を騙して欺いたとわかれば妻への愛情は冷めてしまい、嫌いになってしまうのは当然でしょう。

浮気や不倫と無縁の誠実で自分を愛してくれる妻が好きだったから

夫として自分が妻を好きだったのは、嘘を付かずに自分を愛してくれたからであるという人もいると思います。妻が浮気や不倫をするということは、誠実ではなくなり自分への愛情に偽りがあるということです。これでは妻への愛情は冷めたり嫌いになってしまいます。

浮気した妻が気持ち悪い!生理的な嫌悪感を抱くようになる理由

妻に対する愛情が冷めてしまったり、嫌いになってしまったという状態が進行すると不倫した嫁に対して気持ち悪いという感情を抱いたり、生理的な嫌悪感を抱くようになります。

ここではそういった「愛情が冷めた」「嫌い」から更に「気持ち悪い」「嫌悪感」と気持ちが変化する理由をご紹介します。

肉体への嫌悪感:自分以外の男性と肉体関係を持っていたから

妻が特定の男性と浮気や不倫しているということは、多くの場合において夫である自分以外の男性と肉体関係を持っているということです。

どんな男性でも自分以外の男性とセックスを楽しんでいた妻に対して激しい嫌悪感を抱いてしまいますし、そんな妻を抱くのは気持ち悪いと感じるのは珍しいことではないでしょう。

浮気や不倫に走った妻が気持ち悪いという生理的な嫌悪感は夜の営みだけではなく、日常的なスキンシップの段階でも感じることがあります。この場合、とにかく別の男性と肉体関係を持った妻の身体全体に対して激しい嫌悪感と気持ち悪さを抱いています。

性格への嫌悪感:人を傷つけておきながら反省の色が見られないから

浮気や不倫に走った妻に対する嫌悪感や気持ち悪さを肉体以外にも性格に対して抱く場合もあります。正義感や倫理感の強い人に多い傾向がありますが、夫の愛情を裏切り、人を傷つける行為をした妻を許せないと感じる人は少なくありません。

特に自分を騙しているのに悪びれもしない、反省をしている様子もないというケースにおいては人間性を疑い、人間として気持ち悪いといった激しい嫌悪感を抱き、一緒に暮らすのも難しいと感じることがあります。

浮気した妻への愛情が冷めて嫌いになったら/生理的な嫌悪感や気持ち悪いと思ったら

妻の浮気によって愛情が冷めた・嫌いになった、あるいはその感情が強まって生理的な嫌悪感や気持ち悪いと想うようになった場合、夫として今後どのようにするべきでしょうか。ここでは今後の夫婦関係について考えられる方向性をご紹介します。

恐らく様々な気持ちが入り交ざっている状態かと思いますので、下記に代表的な感情の例とその感情を抱く理由や対象方法をまとめたページをまとめておきます。参考にしてみてください。

我慢して夫婦関係を続けるのは難しい

浮気した妻への愛情が冷めて嫌いになったというレベルであれば、我慢をして夫婦生活を続けていくことも可能かもしれません。ですが、冷めた夫婦関係を何年も続けていくのはかなり過酷な道です。ましてや気持ち悪いといった生理的な嫌悪感を抱いた場合は我慢にも限界があります。

関係を修復して元の状態に戻す

妻の浮気の証拠をきちんと用意し、話し合いの場を設けて夫婦関係を修復するという道もあります。関係を再構築するためには、冷めきってしまった嫌いという感情を何とか改善していく必要があります。

気持ち悪いといった生理的な嫌悪感を抱いている場合はかなり時間がかかってしまうかもしれませんが、離婚できない場合は時間をかけてでも妻に対する感情を改善していく必要があります。

妻や浮気相手に復讐し、制裁を加える

妻や浮気相手をどうしても許すことができない場合、復讐や制裁をするという道もあります。愛情が冷めた・嫌いになった状態、あるいは嫌悪感や気持ち悪いといった感情を抱いているのであれば、自分の気持ちを晴らすことで前向きに進めるようになることがあります。

妻と離婚して別々の道を歩む

浮気や不倫をした妻に対する愛情が完全に冷めてしまい、嫌いを通り越して気持ち悪いといった嫌悪感を抱くのであれば、離婚するしかないという考え方もあります。妻が浮気を拒否することもあるので、きちんと準備をして離婚を有利に進める必要があります。

不倫をした嫌いな妻へ何らかのアクションを取るなら浮気調査が必要不可欠な理由

夫婦関係の方向性についてご紹介しましたが、どの方向性になっても探偵へ依頼して浮気調査を行い、浮気の証拠を掴んでおくことをおすすめします。今後の夫婦関係において、何かあったときに自分の身を守ることができる唯一の武器は浮気の証拠しかありません。

夫婦関係の修復・再構築

夫婦関係を修復し、再構築するためには「妻に浮気を認めさせる」「妻と浮気相手を別れさせる」「妻に浮気を反省させ、再発しないようにする」「夫として浮気を許し、妻に歩み寄る」ということが必要です。

まず、「妻に浮気を認めさせる」には浮気の証拠が必要であり、証拠がなければ誤魔化されたり逆ギレされて話し合いになりません。言い逃れができない浮気の証拠を妻に見せつけることで初めて話し合いをすることができます。

次に、「浮気相手と別れさせる」ためには浮気相手を特定し、妻に対して浮気相手と別れるように促す必要があります。相手がわからないと別れたフリをしたり、こそこそと再び浮気を繰り返す可能性がありますが、浮気相手を特定できていれば浮気相手に迷惑をかけないように身を引きます。

そして「浮気を反省させ、再発しないようにする」ためには浮気の様子を客観的に見せつける必要があります。多くの不倫妻は探偵の調査報告書を見ることで客観的に自分がしたことの重大さに気づいて初めて反省します。

映像という物的な証拠がないと不倫相手との恋愛モードが切れないため、言葉だけでの話し合いやLINEなどの状況証拠では再発防止を促すことは残念ながらほとんど不可能です。

探偵に浮気調査を依頼すれば浮気中の妻には一切バレずに浮気の証拠を得ることができるため、夫婦関係の修復や再構築に必要な上記のステップを円滑に進めることができます。

慰謝料請求

LINEのやり取りや浮気相手からのプレゼントだけでは浮気の証拠として認められません。浮気の証拠として認められるのはラブホテルへ二人で出入りする写真であり、この証拠があれば慰謝料を請求することができます。

金額は双方の経済状況や浮気の実態などに応じて変わりますが、100万円〜200万円ほどが相場と考えられています。

ラブホテルへ出入りする姿を素人が撮影するのは非常に難しいです。妻にバレないように尾行し、妻と浮気相手の顔がはっきり写り、更にラブホテルの看板が入る写真を一緒に入る場面と出る場面で撮影する必要があります。

しかも慰謝料をきちんと請求するためにはラブホテルへ出入りする場面を複数回撮影する必要があります。これを継続的な不貞の証拠と呼びますが、複数回にわたり不貞行為、つまり肉体関係があったことを証明することで高額な慰謝料請求が可能となります。

また、浮気相手に慰謝料を請求するのであれば浮気相手の名前と住所は必須です。慰謝料を請求する際は内容証明郵便という「妻と浮気しているので慰謝料を請求します」という内容の郵便物を浮気相手に送る必要がありますので、名前と住所がわからないと浮気相手に慰謝料を請求できません。

探偵に浮気調査を依頼することができれば妻にバレずに浮気の証拠と浮気相手の素性がわかります。これにより、浮気相手や妻に対して慰謝料請求で復讐をすることができますし、他にも復讐や制裁を加えたい場合に法的に問題がないか相談にも乗ってくれます。

離婚

法的に離婚が認められる条件はいくつかありますが、浮気や不倫が原因で妻と離婚するためには「継続的な不貞の証明」が必要です。

継続的な不貞すなわち肉体関係を別の男性と継続的に持っていたことを証明するためには複数回、ラブホテルへ二人が出入りするシーンを撮影する必要があります。

この「継続的な不貞の証明」が可能であれば夫婦間の話し合いによる協議離婚で折り合いが付かなくても調停あるいは裁判での離婚を有利にすすめることができます。

優良な探偵事務所であれば調査報告書はそのまま裁判で証拠資料として使うことができます。裁判の証拠として使うことができるレベルの写真を撮影するのは素人にはまず無理なので、探偵へ依頼する必要があります。

ページTop

10項目で徹底比較!
オススメ探偵事務所ランキング

妻の浮気を対処するためには浮気の証拠が必要です。そのためには探偵事務所へ浮気調査を依頼する必要がありますが、無数にある探偵事務所の料金や口コミ・評判を1件ずつ調べるのは大変ですよね。

そこで当サイトでは大手探偵事務所をランキング形式でご紹介するために会社の信頼性、拠点数、対応エリア、料金の安さ・体系、支払いの利便性、車両・機材の豊富さ、調査能力、カウンセリング能力、アフターフォロー、口コミ・評判の良さといった探偵を選ぶ上で非常に重要な10項目を徹底的に比較しております。

そのため、ランキング上位の探偵事務所は極めて高い調査力を持ち、個人情報の保護も徹底しており、信頼性が高いため安心して妻の浮気調査を依頼することができます。もちろん、カウンセラーへの無料相談のみの利用も大歓迎です。

探偵事務所に在籍している専門資格を持つプロのカウンセラーへ無料相談した方の9割以上が相談だけで悩みを解決しています。妻の浮気でお悩み・お困りの方はまずは無料相談を利用してみてください。

  1位 2位 3位




HAL探偵社 原一探偵事務所 響・Agent
評価詳細 評価詳細 評価詳細



98 / 100 96 / 100 86 / 100


実績多数で顧客満足度も高いので
依頼も安心!
長い歴史と多数の実績
安心して依頼が可能!
TV出演多数の弁護士が
運営する探偵で安心!


日本全国に15拠点、
日本最大級の支社数!
日本全国に18拠点、
日本最大級の支社数!
関東、中部、関西、
九州に全4拠点!




日本全国に加え、
海外での調査
にも対応!
日本全国に加え、
海外での調査
にも対応!
日本全国
どこでも調査が可能!

シンプルな料金体系
相場よりもかなり安い!
シンプルな料金体系だが
競合より高いかも…
わかりやすい料金体系で
相場より安い!


カード払い・分割払い可、
後払い
と文句なし!
カード払い・分割払い可、
後払い
と文句なし!
カード払い・分割払い可、
後払い
と文句なし!




プロ仕様の特殊機材や
車両
を多数所有!
日本最上級の充実した
車両と機材
を完備!
車両は不明だが、
業界最先端の機材を採用!
調


独自の研修とベテラン調査員
高品質な調査!
探偵歴10年以上の
ベテラン
が多数在籍!
10年以上のベテランや
警察OB
が多数在籍!






NPO公認カウンセラーと
ベテラン
が多数在籍!
カウセリングの
資格保有者
が多数在籍!
資格やキャリア等は不明だが、
丁寧な対応!







アドバイスや弁護士紹介などの
手厚いケア
アドバイスや弁護士紹介などの
手厚いケア
アドバイスや弁護士紹介などの
手厚いケア




悪い口コミが見つからず、
良い評判ばかり!
悪い口コミが見つからず、
良い評判ばかり!
口コミが全体的に少ないが、
良い評判ばかり!




HAL探偵社 原一探偵事務所 響・Agent

毎月、探偵事務所の無料相談窓口を利用して多くの方が悩みを解決しています。必要なのは勇気を出して妻の浮気を相談することのみです。最初は辛いかもしれませんが、相談相手はプロのカウンセラーなので、優しく丁寧に話を聞いてくれるので安心です。ですので、何も気にせずにお気軽に無料相談を利用してみてください。当サイトから一人でも多くの方が妻の浮気に関する悩みを解決できることを願っております。

必要な情報が見つからなかったという方へ

最後までご覧いただきありがとうございます。このページの情報はいかがでしたか。「参考にならなかった」「必要な情報が見つからなかった」という方は、下記のページも是非チェックしてみてください。現在のお悩みを解決するヒントになると思います。

初めての浮気調査

探偵で浮気調査

自分で浮気調査

夫の浮気

妻の浮気

全国の浮気調査でおすすめの探偵

北海道の浮気調査でおすすめの探偵
青森の浮気調査でおすすめの探偵
岩手の浮気調査でおすすめの探偵
宮城の浮気調査でおすすめの探偵
秋田の浮気調査でおすすめの探偵
山形の浮気調査でおすすめの探偵
福島の浮気調査でおすすめの探偵
茨城の浮気調査でおすすめの探偵
栃木の浮気調査でおすすめの探偵
群馬の浮気調査でおすすめの探偵
埼玉の浮気調査でおすすめの探偵
千葉の浮気調査でおすすめの探偵
東京の浮気調査でおすすめの探偵
神奈川の浮気調査でおすすめの探偵
新潟の浮気調査でおすすめの探偵
富山の浮気調査でおすすめの探偵
石川の浮気調査でおすすめの探偵
福井の浮気調査でおすすめの探偵
山梨の浮気調査でおすすめの探偵
長野の浮気調査でおすすめの探偵
岐阜の浮気調査でおすすめの探偵
静岡の浮気調査でおすすめの探偵
愛知の浮気調査でおすすめの探偵
三重の浮気調査でおすすめの探偵
滋賀の浮気調査でおすすめの探偵
京都の浮気調査でおすすめの探偵
大阪の浮気調査でおすすめの探偵
兵庫の浮気調査でおすすめの探偵
奈良の浮気調査でおすすめの探偵
和歌山の浮気調査でおすすめの探偵
鳥取の浮気調査でおすすめの探偵
島根の浮気調査でおすすめの探偵
岡山の浮気調査でおすすめの探偵
広島の浮気調査でおすすめの探偵
山口の浮気調査でおすすめの探偵
徳島の浮気調査でおすすめの探偵
香川の浮気調査でおすすめの探偵
愛媛の浮気調査でおすすめの探偵
高知の浮気調査でおすすめの探偵
福岡の浮気調査でおすすめの探偵
佐賀の浮気調査でおすすめの探偵
長崎の浮気調査でおすすめの探偵
熊本の浮気調査でおすすめの探偵
大分の浮気調査でおすすめの探偵
宮崎の浮気調査でおすすめの探偵
鹿児島の浮気調査でおすすめの探偵
沖縄の浮気調査でおすすめの探偵

浮気問題でお困りの方へ

当サイト人気No.1
HAL探偵社へ無料相談

0120-707-137