調査力の高い探偵で浮気調査|機材・車両・調査員が優れた探偵事務所

浮気調査の探偵を選ぶ際に、「探偵の調査力なんてどこも同じなんじゃない?」と感じている方は少なくないと思います。

実際、探偵事務所のWebサイトを確認しても「調査力に自信あり」といった記載はあっても、具体的にどのように調査力が優れているのか、あるいは他社と比較して優位性があるのかについて記載されている探偵事務所は滅多に見かけません。

ですが、特に浮気調査の探偵を選ぶにあたって、調査力は非常に重要です。なぜなら調査力の低い探偵事務所に依頼すると、依頼者側に不利益を被る可能性があるためです。

ここでは浮気調査における調査力の重要性や調査力の定義や見極める方法、そして機材・車両・調査員が優れた調査力の高いオススメの探偵事務所をご紹介します。

高品質な機材・車両・調査員で調査力の高い浮気調査でオススメの探偵事務所

調査力の高い探偵事務所へ浮気調査を依頼するために、機材・車両・調査員に関して充実しており品質が高いことが確認できたオススメの探偵事務所を3社ご紹介します。探偵事務所を選ぶには調査力以外にも料金やカウンセリング能力、アフターフォローなども当然重要ですが、この3社は全てにおいて高評価の優良探偵です。

一番のオススメは料金が安くて実績多数で安心のHAL探偵社

調査力が高くて最もオススメなのはHAL探偵社です。HAL探偵社ではプロ仕様の特殊機材を使用しており、その品質を動画で確認することができます。またWebサイトに記載はありませんが、自前のバイクを調査に組み込むことで成功率を高めています。独自運営する探偵学校で厳しい教育を受けた調査員やベテラン調査員が浮気調査を行ってくれます。

HAL探偵社は調査実績・調査成功率・顧客満足度が非常に高く、料金体系も調査員1名1時間6,000円のみとなっており、他に一切費用がかからないため契約時のトラブルなども起こりません。

クレジットカード会社は JCB・VISA・MasterCard・American Express・Dinersの5社を利用でき、後払いとなっているため今日お金を準備する必要もありません。また、カウンセリング力が高くてアフターフォローも充実しており、全国対応の素晴らしい探偵事務所です。



>>HAL探偵社<<



HAL探偵社

費用に余裕があるなら業界最大手の原一探偵事務所もオススメ

調査費用が少し高くても問題ないという方には原一探偵事務所が非常にオススメです。原一探偵事務所は最新鋭の高性能な調査機材を多数保有しており、お願いすれば機材を見せてくれます。車両については自社で板金工場を持っており、改造した自前の車両を多数保有しています。調査員は10年以上のベテランが多数在籍しており、厳しい社内教育で訓練により能力を日々高めています。

原一探偵事務所は40年以上の歴史を誇る老舗探偵事務所で累計調査実績は100,000件を超えており、安心して依頼することができます。調査費用はHAL探偵社や次に紹介する東京探偵社AIと比較するとやや高いですが、基本料金+1日の調査費用以外は一切かかりません。

原一探偵事務所もクレジットカード会社は JCB・VISA・MasterCard・American Express・Dinersの5社を利用でき、分割払い可、調査完了後の後払いとなっているため、今日お金を準備する必要もありません。また、カウンセリング力が高くてアフターフォローも充実しており、全国対応の素晴らしい探偵事務所です。



>>原一探偵事務所<<



原一探偵事務所

関東圏の調査なら弁護士が運営する安くて安心な東京探偵社AIもオススメ

関東圏で浮気調査を検討している方には東京探偵社AIもオススメです。車両や機材は全て自前で保有しています。一般的な機材から高額な特殊機材まで多数所有しており、15年以上のベテランが調査員の責任者として在籍しています。

設立からまだ約3年ですが、関東圏に3拠点あり、相場よりも安くて支払いの利便性も非常に高く、アフターフォローも充実している弁護士が運営する安心・安全な探偵事務所です。



>>東京探偵社AI <<



浮気調査の探偵を選ぶ上で調査力って重要なの?

浮気調査における調査力の重要性について、正直よくわからないと感じている人は多いと思います。ですが、きちんとリサーチして調査力の高い探偵事務所へ浮気調査を依頼しないと「余計なお金がかかる」「夫や妻に浮気調査を行っていることがバレる」といった依頼者側にとって最も避けたい不利益を被ることに繋がります。

調査力の低い探偵事務所に依頼をすると余計なお金がかかる

調査力が低い探偵事務所に浮気調査を依頼すると浮気の証拠を掴むことができるまでにやたらと時間がかかります。張り込みの際に調査対象者が出てきたことに気づかない、尾行中に見失う、取った動画や写真がブレていて使えないなど、きちんとした証拠が掴めないまま、調査時間だけが増えて浮気調査の料金が高くなっていきます。

調査力の低い探偵だと夫や妻に浮気調査がバレる

下手な張り込みや尾行を行なうと浮気調査中に夫や妻に探偵であることがバレてしまいます。浮気中の男女は知人に見られていないか警戒しているため、丸見えの状態でカメラを構えていたり、調査対象者からわかる距離感で尾行をしていれば、浮気調査はバレてしまいます。

不利益を被るのは常に依頼者側

残念なことに、上記のような不利益を被るのは探偵側ではなく、依頼者側であるということです。成功報酬型料金プランであっても、成功の定義を非常に緩く設定されることにより、探偵事務所側が不利益を被らないような仕組みになっていることが多々あります。

ですので、浮気調査を依頼する側の立場として、調査力の高い探偵事務所へ浮気調査を依頼することはお金・時間・夫婦間の信頼関係を守ることに直結します。

浮気調査の調査力ってどうやって見極める?

では、探偵事務所を選ぶ際に調査力の高さはどのように見極めればよいのでしょうか。そもそも、浮気調査における調査力とはどのような能力なのでしょうか。ここでは浮気調査の調査内容から調査力について考えてみましょう。

浮気調査の調査内容

探偵が浮気調査を行なう際、どのような流れで進められるかご存知でしょうか。探偵事務所によっては若干の差はありますが、概ね浮気調査当日までに「調査計画」を立て、その内容に基づき「予備調査」を行い、浮気調査の当日は「張り込み」「尾行」「撮影」を行います。

調査計画

「調査計画」とは浮気調査を行なう際にどこに張り込み、どこから尾行を開始し、どのような経路で尾行し、最終的に利用するであろうホテルはどこか検討し、調査員の人数や必要な機材などの調査に関する計画を立てることです。

予備調査

「予備調査」とは依頼者から得た情報を基に、夫や妻といった調査対象者を肉眼で実際に確認したり、調査する場所を見に行ったり、道路状況を確認したり、近隣の施設や調査対象者が利用すると考えられるラブホテルなどを事前に調べることです。

予備調査をきちんと行っておけば尾行時に対象者を見失っても再発見できたり、証拠を撮影する際の最適な撮影場所などがわかります。

張り込み

「張り込み」とは建物から対象者が出てこないか見張ることですが、浮気調査の場合、勤務先への張り込みを行なうことが多く、建物の出入口が複数あることがあります。そのため、いつも利用する出入り口を把握していないと対象者が出てきても気が付かないことが多いです。

尾行

「尾行」とはバレないように対象者の後を付けることですが、浮気調査の場合は対象者の移動方法が徒歩・電車・バス・タクシー・自動車・バイクと多種多様になることが多いため、対象者を見失わないためには尾行術に長けている必要があります。

撮影

「撮影」とは対象者の行動をカメラで撮影し、動画や写真を取ることですが、浮気調査の探偵には非常に高い撮影能力が求められます。特にラブホテルに出入りする瞬間の撮影は対象者ならびに浮気相手の顔とホテルの看板を合わせて撮影することで初めて証拠能力の高い映像・写真となります。

浮気調査に必要な『調査力』

浮気調査の調査内容では事前準備である「調査計画」「予備調査」と浮気調査本番の「張り込み」「尾行」「撮影」についてご紹介しました。調査力とはすなわち、これらの業務に必要な能力を指します。

まず、「調査計画」「予備調査」においては調査員の経験値に基づいて準備が進められます。事前準備の精度が調査成功の要と言っても過言ではありません。

次に「張り込み」「尾行」については調査員一人一人の「対象者を見分ける観察力」「バレないように追跡する尾行術」といった能力が必要になります。また、張り込みや尾行は一人で行なうものではなく、チームで連携しながら行なうものです。そのため、日頃の訓練やチームワークが非常に重要になります。

加えて、尾行においては車両も非常に重要になります。対象者が急にタクシーを利用する場合や自転車で移動する場合は徒歩での尾行には限界があります。車両での尾行の場合、調査員は自動車やバイクを使用して尾行を続けますので、車両の充実具合や操縦テクニックといった能力も必要になります。

最後に「撮影」ですが、浮気調査中の撮影は夜間・遠距離からになることが多いため、暗所・遠距離でもきれいに映るような高性能なカメラや望遠レンズが必要になります。

また、尾行中の撮影に気づかれないようにするためにメガネ型、ネクタイ型、タバコ型などの隠しカメラが必要なことも多々あります。他にも調査にはGPSやトランシーバー・無線機といった機材が充実している必要があります。

これらの機材の充実具合に加え、調査員は機材を十分に扱える能力や対象者と浮気相手を的確に捉える撮影能力が必要になります。

『調査力』の見極め方

以上の内容をまとめると「調査員の訓練や教育体制がどうなっているか」「調査員の経歴やキャリアはどうなっているか」「機材はどのようなものを使用しているか」「車両の整備体制や管理状況はどうなっているか」などがわかれば安心して探偵事務所に浮気調査を依頼することができそうです。

調べ方としては探偵事務所のWebサイトに掲載されている情報を確認してもいいですし、無料相談時に調査員・機材・車両について確認してもよいでしょう。実際に調査報告書を見せてもらうことで調査の品質を確認することもできます。大事なのは確認した情報の信憑性と信頼感です。調査力の高さから信頼できる探偵か見極めましょう。

ではここからはWebサイトや無料相談時に探偵事務所へ調査力を確認するにあたって、探偵としてどのような機材・車両・調査員の品質を高めていっているのか、ご紹介します。

浮気調査の探偵ってどんな機材を使っているの?

浮気調査の探偵はどのような機材を使用しているのでしょうか。Webサイト上では最新鋭の機器やプロ仕様の機材といった耳触りの良い言葉が並んでいますが、具体的にどのような機材があれば安心なのでしょうか。

まず、なんといっても証拠の撮影に使用されるカメラです。暗所・遠距離でもきれいに映るものが必要ですので、詳しい人はカメラのスペックを聞いてもいいですし、調査報告書や映像を見せてもらえればその品質が高いのか、低いのか確認することができます。

実際に探偵事務所へ行けば機材を少し見せてくれることもあります。GPSや小型カメラ・隠しカメラなどを見れば機材が充実しているか確認できます。

浮気調査の探偵が使う車両にはどんなものがあるの?

次に探偵が使用する車両についてです。車両が充実していることも非常に重要です。急に調査を依頼した際に「全て車両が出払っており、調査ができない」となっては困ります。

車両のチェックポイントとしては「十分な数」を「自前」で準備しているかどうかです。また、大手の事務所では自社で板金工場を持っており、「車両を調査用に改造」しています。改造車両で自動車の外側にカメラを設置すれば、張り込みや尾行の際に怪しまれないようにすることができます。

車両を実際に見せてもらうことは難しいこともありますので、バイクや自動車といった車両を自社で何台管理しているのか、どのように管理しているのか無料相談時に探偵事務所へ確認してみましょう。

浮気調査を行なう調査員の教育体制やキャリアってどうなっているの?

最後に探偵事務所の調査員についてです。調査員の能力の高さを確認するためには、教育体制や訓練の内容、そしてどんな経歴の調査員が在籍しているか確認すればおおよその品質感を把握することができます。

調査力の高い探偵事務所では日々厳しい訓練を自社で行っています。探偵学校を自社で運営している場合もあり、日々調査員の能力向上に務めています。探偵学校の卒業生を雇い、ろくに教育しない探偵事務所よりも探偵未経験者でもベテランの調査員が厳しく教育している探偵事務所のほうが安心できます。

調査員のキャリアとして好ましいのは調査会社で調査員の経験がある場合や警察OBなどです。探偵業界の経験が10年以上と長いベテラン調査員がいる探偵事務所も調査力が高いです。探偵業はノウハウが非常に重要ですので、技術の伝承にはベテラン社員が不可欠です。

ページTop

浮気問題でお困りの方へ

当サイト人気No.1
HAL探偵社へ無料相談

0120-707-137

よくある質問

浮気調査や探偵について不安や疑問がある方は、探偵に依頼する前に知っておきたいことをまとめた【浮気調査に関するFAQ】をご覧ください。

  • どうすれば安全な探偵かわかりますか?
  • 浮気調査はどのように行われますか?
  • 浮気調査の料金はどのくらいしますか?
  • 浮気調査後はどうすればいいですか?

…など、浮気調査や探偵に関するよくある質問にお答えしています。

浮気調査に関するFAQを見る

カウンセラーに相談してみませんか?

探偵事務所には、夫婦問題を専門とするカウンセラーが在籍しています。
「浮気をされて辛い…」「どうしたらいいかわからない…」といった
浮気に悩む方の話を聞き、気持ちや状況を整理するためのアドバイスや
最適な解決策の提案をしてくれます。

当サイトでおすすめする業界最大手の【 HAL探偵社 】では、
24時間・匿名での無料相談を受け付けています。
お問い合わせは、お電話または公式WEBサイトから可能です。
1人で悩まず浮気問題のプロに相談することが解決への近道です。

HAL探偵社について詳しく見る