浮気調査はボイスレコーダーでの録音がおすすめ

会議やインタビューなどのビジネスシーンや、授業や語学学習、楽器演奏の録音などで使用するボイスレコーダー。フラッシュメモリーなどのIC(集積回路)に音声を録音する仕組みのため、ICレコーダーとも呼ばれます。

実はこのボイスレコーダーが、自分で行う浮気調査にとても役立つということをご存知でしょうか。家電量販店などで簡単に手に入り操作も難しくないため、相手にバレないように設置・回収ができれば浮気の証拠を掴むことができる優れたツールなのです。

この記事では、ボイスレコーダーで浮気調査をするメリット&デメリット、ボイスレコーダーを使った浮気調査の方法、浮気調査用のボイスレコーダーの選び方などをご紹介します。

パートナーの浮気でお悩みの方へ

浮気や夫婦問題に関する
専門資格を持つプロのカウンセラー
無料相談してみませんか?

《利用者の声》
「これから何をすべきかはっきりして
前向きに考えられるようになった」
「ずっと落ち込んでいたけど相談したら
嘘のように気持ちが明るくなった」
「たくさんあった心配事がなくなって
一気にストレスを解消できた」

無料相談窓口を利用した9割以上の方
相談だけで悩みを解決しています。

  • 完全無料!日本全国24時間365日対応!
  • 匿名OKなので個人情報は必要なし!
  • 浮気かどうかわからない方も歓迎!

下記の探偵事務所には専任カウンセラーが
在籍しているので無料で相談が可能です。

1位 2位 3位
HAL探偵社 原一探偵事務所 響・Agent
満足度98% 解決実績No.1 弁護士が運営

ランキングを詳しく見る

浮気調査にボイスレコーダーを使用するメリット&デメリット

浮気調査にボイスレコーダーを使用することは、デメリットよりもメリットの方が確実に大きいと言えます。ボイスレコーダーによる浮気調査を始める前に知っておきたい利点と欠点をまとめました。

GPSの情報より証拠能力が高い

GPSによる追跡調査で浮気の情報収集をする方法もありますが、GPSでは場所の情報しか得ることができません。ボイスレコーダーであれば、実際に浮気相手と会話している生の声が手に入るため、より詳細な情報収集ができ確実性が高い証拠と言えます。

浮気相手の情報が詳細に手に入る

浮気相手との会話の録音に成功すれば、相手に関する情報がたくさん入ってきます。会話の内容から会社の人間なのか、どのような人物なのか、など浮気相手をある程度特定する情報が手に入るはずです。自分の知っている人物であった場合、声から誰なのかわかるケースも実際あるようです。

探偵へ依頼する際の事前情報として使える、調査費用を抑えられる

慰謝料請求や離婚裁判のためには、決定的な浮気の証拠として「不貞行為の証拠」を掴む必要があります。自分で浮気調査をしてメールや音声などの状況証拠が集められたとしても、最終的には探偵や興信所に依頼して不貞行為の事実を突き止める必要があります。

その際に、ボイスレコーダーによる調査から次に2人が会う約束の情報があれば、ピンポイントで調査依頼ができ調査費用を安く抑えることが可能です。また、会う予定までわからなくても、事前に浮気相手の情報がある程度あれば探偵による調査がスムーズに進みます。

携帯電話やスマホを忍ばせるより手軽で効果的

浮気相手との会話を盗み聞きする方法として、携帯電話やスマホを別途購入して忍ばせる方法があります。しかし、これはわざわざ新たに携帯電話を契約する費用がかかりますし、サイズも大きいためバレやすいという難点があります。

携帯電話やスマホで会話を拾う場合は、オート着信機能を使用します。着信があると自動で通話状態になる機能です。これにより、狙った時間に電話を掛け、そこでの会話を電話越しに盗み聞きするのです。リアルタイムで会話を聞くことはできますが、録音ではないため証拠としては使用できない点に注意しましょう。

また、携帯電話のマイクは口元を近づけた状態で音声を拾うようにできているため、ボイスレコーダーのようにマイクから離れた場所での会話を拾うのに適していません。ましてや、車の中であればエンジン音などの雑音が大きいため、会話を正確に拾うのは難しいと言えます。

このように、様々な点から携帯電話やスマホでの浮気調査はボイスレコーダーに比べデメリットが多いので、会話をこっそり聞いて証拠を押さえようと思ったらボイスレコーダーの方が断然有用であることがわかります。

見つかりやすいというデメリット

デメリットとしては、相手に見つかりやすいということが挙げられます。隠して設置してあっても掃除をしているときに気付かれたりするケースが多くあります。その点では、小型で見つかりにくいものや、ペン型のもので一見ボイスレコーダーだとわからないようなものが良いと言えるでしょう。

ボイスレコーダーの音声は証拠として使用できるか?

ボイスレコーダーで録音した音声は、浮気の証拠としてどの程度効力があるのでしょうか。慰謝料請求や離婚訴訟を優位な立場で進めるためには、浮気相手との肉体関係を立証すること、つまり、不貞行為の事実を証明する証拠が必要になります。

ボイスレコーダーで録音できた浮気相手との会話ややり取りは、目に見える証拠ではなく、不貞行為の証拠に比べると証拠能力としては弱いですが、状況証拠としては十分価値があります。実際に、訴訟の場でボイスレコーダーにより録音した音声を証拠として提出するケースは多くあります。

また、ボイスレコーダーでの録音により、浮気相手の情報や次に会う約束などの情報を入手して、最終的な浮気の証拠収集はプロの探偵に依頼するという方法がとれます。これにより探偵による調査費用を押さえて賢く動かぬ浮気の証拠を掴むことができます。

ボイスレコーダーの仕込み場所

浮気調査のためボイスレコーダーを仕込む場所は様々あります。相手の行動範囲や生活スタイルに合わせて設置場所を選びましょう。見つからないような場所を選ぶと同時に、音声がしっかりと拾える場所を選ぶことがポイントです。

車の中

夫や妻が移動に車を使用している場合は、浮気相手と車で会っていたり、電話をするときに家の中ではなく車を利用していることが考えられます。車の中にボイスレコーダーを忍ばせれば、2人の会話だけでなく不貞行為を行っている音声も押さえられるかもしれません。

車の中でボイスレコーダーを設置すると良い場所は、運転席や助手席の下です。必ずガムテープなどで固定するようにしましょう。固定しないと車が動いた際に滑って出てきてしまったり、車内の掃除中に見つかってしまう可能性が高くなります。

後部座席の下などに設置する場合は、声を拾いにくくなるため性能が良いものでないと必要な情報が手に入らない可能性がありますのでご注意ください。また、ダッシュボード周辺は気付かれやすいためあまりお勧めできません。

夫の部屋や書斎

自宅に夫の部屋や書斎が別途ある場合は、そこで浮気相手に電話をしている可能性があります。ベッドの下やデスクの裏など、見つかりにくい場所にボイスレコーダーを設置してみましょう。

留守中の家の中

ある程度の状況証拠があり浮気の可能性が極めて高い場合は、あえて家を留守にして罠にはめるという方法があります。出張や友人と旅行に行く振りをして、相手の行動を監視するのです。あなたがいないことをいいことに、油断して浮気相手に電話をしたり家に連れ込んだりする可能性があります。

その際に、寝室やリビングなど家の中にボイスレコーダーを忍ばせておけば、浮気相手との会話や密会の事実など浮気の証拠を掴むことができます。留守中の家で不貞行為の証拠を掴めれば、音声であっても証拠能力はかなり高いと言えます。

パートナーの浮気を解決する最短の方法

自分で調べているうちにも、
どんどん時間は過ぎていきます。
もっと効率よく確実に
パートナーの浮気を解決したいのであれば、
こちらをご覧になると
「この先どうするべきか」がわかります。

夫の浮気の
対処法
妻の浮気の
対処法

浮気調査に適したボイスレコーダーの選び方

ボイスレコーダーが浮気調査に使えるということがわかったところで、次に「どのようなボイスレコーダーを購入したら良いのか?」という疑問がわいてくると思います。

ボイスレコーダーは最近では、従来の形のものからスティック型やペン型、USB型のものまで実に様々なものが販売されています。価格も性能やデザインに応じて様々ですが、5000円〜1万円で浮気調査に十分な性能なものが購入できます。

それぞれ機能や特徴が異なりますので、価格と性能のバランスを見ながら用途に合わせて選ぶことが大切です。浮気調査に必要なボイスレコーダーの性能と選ぶポイントをご紹介します。

タイマー機能、音声起動装置がある

ボイスレコーダーで浮気調査をする際に、車内や部屋に設置後、誰もいない間もずっと録音されていたら録音時間も長くなってしまいますし、電池の減りも激しくなってしまいます。そんなとき、録音開始時間を指定するタイマー機能や、音がしたら自動で録音が始まる音声起動装置が搭載されていると非常に便利です。

相手が車に乗るタイミングや、部屋にいるタイミングに合わせて録音を開始できれば、必要な時間だけ確実に録音をして調査することができます。電池を無駄に消耗することもないので、電池交換のタイミングも少なくて済みます。

ただし、音声起動装置には注意が必要です。特に、車内に設置した場合はエンジン音や振動音でも音を感知して録音を開始してしまうため、必要ないタイミングで録音が開始されてしまう可能性があります。一方で、静かな部屋などでは音声起動装置が効果的でしょう。

それぞれメリット・デメリットがありますので、設置場所や用途に合わせてこれらの機能を使い分ければ、無駄なく効率的に浮気調査を進めることができます。

録音可能時間が長い

長時間録音していて肝心なところで録音が切れてしまったということがないよう、購入の際は録音可能時間を確認しましょう。最近のボイスレコーダーは4GBで最大録音時間が1000時間前後のものが多いので、長い時間録音できなくて困るという心配は基本的にないと言えます。

ただし、PCM・MP3など録音形式によって録音可能時間は異なりますのでご注意ください。PCM形式はMP3形式に比べて音質が良いですが、その分容量が大きくなり録音できる時間も短くなります。MP3形式でも音質が悪いわけではないので、長時間録音であればMP3形式がおすすめです。

また、メモリーは2〜4GBのフラッシュメモリーが搭載された内蔵メモリーに加え、SDカードにも対応している機種が増えています。SDカードであれば、2〜32GBまでかなりの容量を記録でき、いっぱいになったらカードを交換して録音時間を増やすことが可能です。

内蔵メモリーの場合は、USB端子やケーブルでPCにつなぎ、録音したデータを取り込んで保存、確認します。SDカードであればレコーダーからカードを取り出して直接PCに取り込むことが可能です。

短期やピンポイントで浮気調査をする場合と、何日もかけて継続して調査をする場合とでは必要なスペックも変わってきますので、用途に合わせて選ぶと良いでしょう。

最大録音件数

録音可能時間がいくら長くても、注意しなければいけないのが最大録音件数です。録音を開始し終了すると、それがたとえ数秒であっても1件とカウントされます。最大録音時間が十分に余っていても、最大録音件数に達してしまうとそれ以上録音することができないのです。

特に注意が必要なのが、音声起動装置式のボイスレコーダーです。車の中などエンジン音などでその都度作動してしまうため、最大録音件数が少ないものだと目的の会話を録音する前に満杯になってしまっていたなんてことがあり得ます。

最近のボイスレコーダーであれば、各フォルダー100〜200件録音が可能なものが5フォルダーあるものも多く、それほど心配は必要ないかもしれませんが、設置する場所や録音方法によっては注意した方が良いでしょう。

電池持続時間が長い、電池の充電方法

また、録音可能時間=電池持続時間ではないということも注意しなければならないポイントです。ボイスレコーダーの容量として1000時間分の音声を録音できるとしても、1000時間連続して録音が可能ということではなく、電池が切れれば途中で充電、または電池交換をしながら録音を続けなくてはいけません。

電池持続時間も機種によって様々で、短いものは10時間から、長いものは50時間や100時間持つものまであります。浮気する日がわかっていてピンポイントで1日調査するようなときは短いものでも良いですが、交換するタイミングが少なかったり、何日か継続して録音したい場合は稼働時間が長いものを選びましょう。

また、電池の充電方法も確認する必要があります。一般的には、コンセントやUSBで充電するタイプか電池交換タイプになります。充電タイプは数時間かかるため、すぐに再設置することができませんが、電池交換タイプならさっと換えられるので交換が簡単です。

マイク性能と音質

浮気調査のようにこっそり録音をする場合は、見えない場所や少し離れた場所に隠して設置するため、声を拾うマイク性能が重要になります。音質、どこまで広範囲に音を拾えるか、ノイズを軽減できるかなどの機能を確認しましょう。

特に、車内での会話を録音する場合は、エンジン音や振動音が入るため、雑音を軽減するノイズカットや音声をよりクリアにする機能が大切です。エアコンの音など300Hz 以下の低域ノイズをカットして音声をよりクリアにするローカットフィルター機能や、人の音声のみを強調して聞きやすくするボイスアップ機能などがあります。

小型で目立たない色やデザイン

相手にバレないようにボイスレコーダーを設置するためには、やはり小型のものを選ぶ必要があるでしょう。また、色やデザインも目立ちにくいものがお勧めです。設置する場所の色に同化するような色を選びましょう。

最近では録音性能だけでなく、持ち運びやすく衣服や手帳に付けられるような携帯性が重視されており、ボイスレコーダーの小型化が進んでいます。胸ポケットに入れて録音できるスティック型やペンタイプのものまであります。

小型だから性能が落ちる、電池持続時間が短いということでもないので、設置する場所に応じてサイズ感と性能と合わせて検討してみると良いでしょう。

無断で録音することはプライバシーの侵害にあたらないか?

ボイスレコーダーによる浮気調査を行う際に心配になるのは、相手に無断で録音することがプライバシーの侵害にならないか?逆に訴えられたりしないか?という点です。確かに盗聴と同じことと言えばそうなので、GPSによる追跡調査と同様に法的にはグレーゾーンであると言えます。

一般的には、相手に何も疑いがない状態で会話を録音することはもちろんいけませんが、浮気の疑いが濃く、相手の不法行為を証明するための調査であれば違法とは言えず許容されるようです。実際に訴訟の際に証拠としてボイスレコーダーで録音した音声を証拠として提示するケースも増えています。

録音すること自体は違法ではありませんが、録音する場所には注意が必要です。例えば、会社の中など守秘義務が発生するような場所や録音が禁止されているような場所での録音は法に触れる可能性がありますので、設置場所には十分注意しましょう。

ページTop

10項目で徹底比較!
オススメ探偵事務所ランキング

パートナーの浮気を対処するためには浮気の証拠が必要です。そのためには探偵事務所へ浮気調査を依頼する必要がありますが、無数にある探偵事務所の料金や口コミ・評判を1件ずつ調べるのは大変ですよね。

そこで当サイトでは大手探偵事務所をランキング形式でご紹介するために会社の信頼性、拠点数、対応エリア、料金の安さ・体系、支払いの利便性、車両・機材の豊富さ、調査能力、カウンセリング能力、アフターフォロー、口コミ・評判の良さといった探偵を選ぶ上で非常に重要な10項目を徹底的に比較しております。

そのため、ランキング上位の探偵事務所は極めて高い調査力を持ち、個人情報の保護も徹底しており、信頼性が高いため安心してパートナーの浮気調査を依頼することができます。もちろん、カウンセラーへの無料相談のみの利用も大歓迎です。

探偵事務所に在籍している専門資格を持つプロのカウンセラーへ無料相談した方の9割以上が相談だけで悩みを解決しています。パートナーの浮気でお悩み・お困りの方はまずは無料相談を利用してみてください。

  1位 2位 3位




HAL探偵社 原一探偵事務所 響・Agent
評価詳細 評価詳細 評価詳細



98 / 100 96 / 100 86 / 100


実績多数で顧客満足度も高いので
依頼も安心!
長い歴史と多数の実績
安心して依頼が可能!
TV出演多数の弁護士が
運営する探偵で安心!


日本全国に15拠点、
日本最大級の支社数!
日本全国に18拠点、
日本最大級の支社数!
関東、中部、関西、
九州に全4拠点!




日本全国に加え、
海外での調査
にも対応!
日本全国に加え、
海外での調査
にも対応!
日本全国
どこでも調査が可能!

シンプルな料金体系
相場よりもかなり安い!
シンプルな料金体系だが
競合より高いかも…
わかりやすい料金体系で
相場より安い!


カード払い・分割払い可、
後払い
と文句なし!
カード払い・分割払い可、
後払い
と文句なし!
カード払い・分割払い可、
後払い
と文句なし!




プロ仕様の特殊機材や
車両
を多数所有!
日本最上級の充実した
車両と機材
を完備!
車両は不明だが、
業界最先端の機材を採用!
調


独自の研修とベテラン調査員
高品質な調査!
探偵歴10年以上の
ベテラン
が多数在籍!
10年以上のベテランや
警察OB
が多数在籍!






NPO公認カウンセラーと
ベテラン
が多数在籍!
カウセリングの
資格保有者
が多数在籍!
資格やキャリア等は不明だが、
丁寧な対応!







アドバイスや弁護士紹介などの
手厚いケア
アドバイスや弁護士紹介などの
手厚いケア
アドバイスや弁護士紹介などの
手厚いケア




悪い口コミが見つからず、
良い評判ばかり!
悪い口コミが見つからず、
良い評判ばかり!
口コミが全体的に少ないが、
良い評判ばかり!




HAL探偵社 原一探偵事務所 響・Agent

毎月、探偵事務所の無料相談窓口を利用して多くの方が悩みを解決しています。必要なのは勇気を出してパートナーの浮気を相談することのみです。最初は辛いかもしれませんが、相談相手はプロのカウンセラーなので、優しく丁寧に話を聞いてくれるので安心です。ですので、何も気にせずにお気軽に無料相談を利用してみてください。当サイトから一人でも多くの方がパートナーの浮気に関する悩みを解決できることを願っております。

浮気調査や探偵事務所についてもっと知りたい方へ

最後までご覧いただきありがとうございます。このページの情報はいかがでしたか。浮気調査や探偵についてもっと詳しく知りたいという方は、下記のページも是非チェックしてみてください。現在のお悩みを解決するヒントになると思います。

初めての浮気調査

探偵で浮気調査

自分で浮気調査

夫の浮気

妻の浮気

全国の浮気調査でおすすめの探偵

北海道の浮気調査でおすすめの探偵
青森の浮気調査でおすすめの探偵
岩手の浮気調査でおすすめの探偵
宮城の浮気調査でおすすめの探偵
秋田の浮気調査でおすすめの探偵
山形の浮気調査でおすすめの探偵
福島の浮気調査でおすすめの探偵
茨城の浮気調査でおすすめの探偵
栃木の浮気調査でおすすめの探偵
群馬の浮気調査でおすすめの探偵
埼玉の浮気調査でおすすめの探偵
千葉の浮気調査でおすすめの探偵
東京の浮気調査でおすすめの探偵
神奈川の浮気調査でおすすめの探偵
新潟の浮気調査でおすすめの探偵
富山の浮気調査でおすすめの探偵
石川の浮気調査でおすすめの探偵
福井の浮気調査でおすすめの探偵
山梨の浮気調査でおすすめの探偵
長野の浮気調査でおすすめの探偵
岐阜の浮気調査でおすすめの探偵
静岡の浮気調査でおすすめの探偵
愛知の浮気調査でおすすめの探偵
三重の浮気調査でおすすめの探偵
滋賀の浮気調査でおすすめの探偵
京都の浮気調査でおすすめの探偵
大阪の浮気調査でおすすめの探偵
兵庫の浮気調査でおすすめの探偵
奈良の浮気調査でおすすめの探偵
和歌山の浮気調査でおすすめの探偵
鳥取の浮気調査でおすすめの探偵
島根の浮気調査でおすすめの探偵
岡山の浮気調査でおすすめの探偵
広島の浮気調査でおすすめの探偵
山口の浮気調査でおすすめの探偵
徳島の浮気調査でおすすめの探偵
香川の浮気調査でおすすめの探偵
愛媛の浮気調査でおすすめの探偵
高知の浮気調査でおすすめの探偵
福岡の浮気調査でおすすめの探偵
佐賀の浮気調査でおすすめの探偵
長崎の浮気調査でおすすめの探偵
熊本の浮気調査でおすすめの探偵
大分の浮気調査でおすすめの探偵
宮崎の浮気調査でおすすめの探偵
鹿児島の浮気調査でおすすめの探偵
沖縄の浮気調査でおすすめの探偵

浮気問題でお困りの方へ

当サイト人気No.1
HAL探偵社へ無料相談

0120-707-137