夫の浮気で別居…修復か離婚か?旦那の家出・不倫相手との同棲への対処法

夫の浮気が発覚して夫婦の関係がこじれ、別居になってしまった方は、「この先どうしたらいいかわからない…」「別居になったらもう関係修復は難しいかも…」という先が見えない不安に悩まされていることでしょう。

別居にも様々なケースがあり、別居を解消して関係修復できるか、止むを得ず離婚に至ってしまうかは夫婦によって異なります

では、別居状態から夫を取り戻し夫婦関係を再構築するにはどうしたらいいのでしょうか。また、もし離婚を決断する場合はどのように行動するのが適切なのでしょうか。

ここでは、夫の浮気の対処法として別居のパターン別の特徴やリスク、夫が浮気相手のところへ行ってしまった場合の対処法や考え方、別居中にすべき浮気の証拠収集、別居や浮気問題の相談先についてご紹介します。

夫の浮気でやってはいけないNG行動や相談相手、夫婦関係の修復、離婚、慰謝料請求は下記をご覧ください。

夫の浮気や不倫でお悩みの方へ

浮気や夫婦問題に関する
専門資格を持つプロのカウンセラー
無料相談してみませんか?

《利用者の声》
「これから何をすべきかはっきりして
前向きに考えられるようになった」
「ずっと落ち込んでいたけど相談したら
嘘のように気持ちが明るくなった」
「たくさんあった心配事がなくなって
一気にストレスを解消できた」

無料相談窓口を利用した9割以上の方
相談だけで悩みを解決しています。

  • 完全無料!日本全国24時間365日対応!
  • 匿名OKなので個人情報は必要なし!
  • 浮気かどうかわからない方も歓迎!

下記の探偵事務所には専任カウンセラーが
在籍しているので無料で相談が可能です。

1位 2位 3位
HAL探偵社 原一探偵事務所 響・Agent
満足度98% 解決実績No.1 弁護士が運営

ランキングを詳しく見る

夫の浮気発覚後の別居・家出|状況別の特徴とリスク

夫の浮気発覚後に別居に至るケースとしては、大きく分けて2パターンあります。1つは浮気された妻の方から別居を申し出るパターン、そして、もう1つは浮気した夫の方が別居を希望し家を出て行ってしまうパターンです。

同じ浮気が原因の別居でも、どのような経緯で別居になったのかによって状況は大きく異なります。妻側からの別居、夫側からの別居それぞれのケースでどのような展開が予想されるか、その影響をまとめました。

妻から別居を申し出る場合

妻が出ていき別居になるパターンは、夫の浮気による精神的ショックから情緒不安定になったり、辛い状況に耐えきれずに実家に帰って冷静に考えたいというケース、浮気夫を反省させるために怒った妻がしばらく家を空けるというケースが多いでしょう。

これらのケースで考えられるメリット・デメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

今後について冷静に考えることができる

離婚や今後の夫婦関係については感情的になって決めるべきではありません。そのため、一度夫と距離を置いて「夫を許せるのか」「今後どうしたいのか」を考える時間を取るという点では一時的な別居は悪くないでしょう。

一緒に暮らしていれば、夫と顔を合わせる度に怒りや悲しみが込み上げてきて喧嘩になってしまったり、なかなか冷静になれないということが多いと思います。このような状況で勢いで離婚をしてしまうと、後々やり直したいと思っても簡単にはいきません

夫とやり直す可能性が少しでもあるのであれば、感情に任せて離婚を決めてしまうのではなく、別居という形で自分の気持ちにしっかりと向き合う時間を作るというのも選択肢の一つと言えます。

夫が改心する可能性がある

浮気夫を反省させるために「しばらく実家に帰ります」と妻が家を出るというのは、ドラマなどでもよく見られるシーンですが、これは夫が離婚したくないと思っているケースではある程度有効と言えるでしょう。

妻がしばらく家を空けて帰ってこなければ、別れたくない夫は「このままだと妻に離婚されるかもしれない」と焦り、「もう二度と浮気しないから戻ってきてほしい」と懇願してくる可能性があります。

ただし、これはあくまで理想のパターンです。妻の家出により夫が自発的に反省するかどうかは夫自身の良心にかかっているので、必ずしも上手くいくとは限りません。

あまり期間が長引けば、夫婦の気持ちがさらにすれ違ってしまうリスクが考えられますし、そもそも浮気をするような夫であれば、妻の家出中にむしろ羽を伸ばして浮気を続ける可能性の方が高いとも言えます。

夫が浮気相手と関係継続・復縁する可能性がある

妻が家を出て別居になる場合のデメリットとしては、夫が反省するどころか浮気相手と関係を継続して状況が深刻化する可能性が挙げられます。

別居中、夫は浮気相手に自由に会うことができます。夫の浮気の程度や浮気相手への本気度にもよりますが、家庭を顧みず浮気相手に夢中な場合は、妻がいないのをいいことに浮気を続ける可能性が高いでしょう。

また、「浮気相手とは別れた」と言う夫に反省させようとしばらく別居したところ、その間にこっそり復縁してまた浮気していたということもあり得ます。

このように、別居中に夫と浮気相手と関係がさらに深くなり、夫婦関係の修復が困難になることも考えられます。離婚したくない場合は、別居により夫の心が一層離れる可能性もあるということを覚えておきましょう。

POINT

別居は一長一短なので、感情的になって家を飛び出すということはせず、そのメリット・デメリットを踏まえて状況に応じて検討することが好ましいでしょう。まずは浮気の証拠を掴んで、然るべき対処を取ってから今後についてゆっくり考えるというのでも遅くありません。

夫から別居を申し出る場合

夫から別居を申し出るパターンは、「浮気相手と一緒になりたいから離婚してほしい」と言って夫が家を出ていくケースがほとんどだと思います。

非常に身勝手な話ですが、夫に出ていかれてしまっては、妻は離婚を受け入れざるを得ないのでしょうか。夫から別居を言い渡された場合に考えられる事態とその対応策・予防策をご説明します。

夫からの理不尽な離婚請求

夫から突然別居と離婚を告げられた場合、妻としてはそんな理不尽な要求を受け入れるわけにはいきません。自分や子供の人生を守るために、何としてでも離婚を回避する必要があります。

ここで覚えておきたい重要なポイントは、浮気をした張本人である有責配偶者からの離婚請求は、浮気よりも前に婚姻関係が破綻していない限り原則認められないということです。

これには、夫の浮気の事実を証明する必要があり、夫と浮気相手が肉体関係にあるという不貞の証拠」を手に入れることが必須です。不貞の証拠があれば、夫からの身勝手な離婚請求を拒否することができます。

夫がどれだけ浮気相手に本気なのかはわかりませんが、一時的に舞い上がっているだけで、しばらくしたら頭を冷やして戻ってくる可能性もあります。離婚を回避できれば関係修復への道が残されますので、時間はかかるかもしれませんが夫婦関係の再構築が期待できます。

夫に勝手に離婚届を出される

夫から離婚を迫られている場合に注意したいのが、夫が勝手に離婚届を役所に提出してしまう可能性です。妻が離婚に合意していなかったとしても、浮気相手と早く一緒になりたい夫が離婚届を偽造して提出するという可能性がないとも言えません。

このような不正行為があった場合、夫は罪に問われ、基本的には離婚は無効になりますが、一度離婚届が受理されてしまうと無効を証明する裁判や戸籍の訂正手続きなどが必要となり、非常に面倒なことに巻き込まれます。

そのため、そのような可能性がある場合は、夫が勝手に離婚届を出しても受理されないよう事前に離婚届不受理の申出を役所に行っておくと安全です。

離婚せざるを得ない場合

不本意ながら別居となり、そのまま関係修復が見込めず諦めて離婚を決断するという方も少なくないでしょう。その場合は、浮気の被害者である以上、好条件で離婚を成立させられるかどうかが焦点となってきます。

浮気という夫の身勝手な行為により人生を狂わされたのですから、慰謝料請求や財産分与、親権などの離婚交渉をできる限り有利に進めたいと思うでしょう。しかし、不利な条件を突き付けられた途端に、浮気を認めていた夫がしらばっくれる可能性は十分にあります。

そのため、夫に言い逃れされることなく優位な立場で話し合いを進めるためには不貞の証拠を押さえておかなければいけません。今は離婚する気がなくても、最悪の事態に備えて証拠を掴んでおくことが自分の身を守ることにつながります。

POINT

浮気した夫から別居の申し出があった場合、最悪のケースは関係修復ができずに不本意にも離婚となってしまうことです。離婚を回避して関係修復の可能性を残すため、また、最終的に離婚に至ってしまった場合でも有利に話を進めることができるよう、不貞の証拠は必ず手に入れておきましょう

夫の浮気で別居状態に…旦那に出て行かれても関係修復は可能?離婚しかない?  

夫が離婚を希望して家を出て行ってしまったら、「自分や子供は捨てられた…」という大きなショックと「この先どうなってしまうのか…」という不安で絶望的な気持ちになってしまうでしょう。

別居後に浮気相手と同棲を始める夫も少なくありません。このように完全に浮気相手に気持ちが移ってしまっている別居状態から夫婦関係は修復できるのでしょうか。それとも、夫を取り戻すのは難しく離婚しかないのでしょうか。

この先の対処法について、夫とやり直したい場合離婚に合意する場合に分けてご説明します。

夫と関係修復したい場合

夫と関係修復したいと思っている場合は、「出て行ってしまったらもう終わりだ…」と思うかもしれません。しかし、離婚をしていない限り、夫を取り戻し夫婦関係を修復・再構築するチャンスはまだ残されています

長く険しい道のりになることは間違いありませんが、諦めずに別居状態を解消し夫との関係修復を果たすための行動を起こしましょう。

証拠を基に浮気相手と別れさせる

まず、夫の浮気を終わらせないことには話が始まりません。別居状態を放置していれば、夫と浮気相手の関係はますます深くなっていきますので、まずはそれを阻止する必要があります。

そのためには、浮気の決定的証拠を掴み、それを基に浮気相手を訴え慰謝料請求する構えを見せる方法が有効です。こちらが法的手段に出るとなれば、浮気相手もさすがに怯んで夫との不倫関係を終わりにする可能性が高いでしょう。

口約束で別れさせるだけでなく、夫と浮気相手に「二度と浮気をしない」という誓約書に署名・捺印させ、再発防止を図ることも大切です。約束を破った場合の違約金についても明記しておくと抑止力としての効果が高まります。

気持ちが離れてしまっている相手を無理やり引き戻しても上手くいかないのでは、と考える方も多いでしょう。確かに、一度壊れてしまった夫婦関係を再構築するのは簡単なことではありませんし、元に戻れるかどうかは夫婦次第です。

しかし、ただ放っておいて別居を続けていても夫が戻ってくる保証はどこにもありません。「同棲を始めたものの結局浮気相手と上手くいかずに出戻ってくる…」「距離を置けば家族の大切さに気付いてくれるかも…」なんて期待はしない方が良いでしょう。

そんなかすかな期待を抱いて待っていて結局離婚に至ってしまったら、あまりに悲しすぎます。夫の浮気をやめさせることは、再スタートラインに立つための手段です。夫の浮気に終止符を打ち、夫婦で向き合う環境を作りましょう。

お互いに夫婦関係を再構築する努力を

夫を浮気相手と別れさせることができたら、そこからが本当の戦いになります。夫婦関係は夫と妻の2人で築くものであり、どちらか一方の気持ちや努力だけでは成り立ちません。お互いに自分の言動を振り返り、改善していく姿勢が必要です。

夫婦関係の改善には、浮気の原因を明らかにしてその原因をつぶすことがまず必要なステップとなります。浮気をした夫に一番の責任があることは確かですが、妻や家庭に対する不満が夫を浮気に走らせてしまっているケースも多くあります

夫に改善を求めるばかりでなく、妻自身も改めるべきは改めるということが大切です。お互いの気持ちを理解・尊重し、時間をかけて夫婦関係を再度築いていきましょう。

なお、関係修復の途中では、浮気のことを思い出して感情的になることも多いと思います。しかし、夫を責め続けたり、浮気したことを何度も蒸し返したりするのはやめましょう。夫の気持ちが離れるばかりで関係修復から遠のいてしまいます。

離婚に応じる場合

「浮気をされて自分自身も気持ちが冷めた」「元に戻るのは不可能なので離婚に合意する」という場合は、離婚の話を進める前に必ず不貞の証拠を掴むことが重要です。また、すぐに離婚せず、しばらくは別居を続けるという選択があります。

不貞の証拠を掴んで有利に離婚を進める

最終的に離婚をする場合は、有利な条件で離婚できるかどうかがこの先の人生を左右します。夫の自白だけで証拠もないまますぐに離婚に合意せず、しっかりと浮気の証拠を掴んでから具体的な話し合いを行うことが重要です。

慰謝料請求や離婚条件の交渉の話をした途端に、浮気を認めていた夫がシラを切る可能性は十分にあります。被害者である自分が不利にならないよう、証拠収集のために別居期間を有効に使いましょう。

別居中は夫に生活費を請求できる

離婚を決意したら、離婚後の生活について考えなければいけません。特に重要なのが「生活していけるだけの収入があるのか」という経済面の課題です。そのため、離婚前に生活の基盤を整える必要がありますが、別居期間を上手く使って準備をする方法があります。

というのも、別居中はまだ夫婦であるため、夫には家族の扶養義務があり、夫に婚姻費用として生活費を請求することができるのです。

離婚してしまったら、生活費を自分で稼がなくてはいけません。別居中は夫に婚姻費用を請求すればある程度経済的な心配をすることなく生活ができるので、今後のことをゆっくり考えたり、準備することが可能になります。

いずれのケースも別居中に不貞行為の証拠を掴んでおくこと

どのような状況で別居になったとしても、夫の浮気が原因である場合は、必ず浮気の証拠を押さえておくことが重要です。

夫が離婚を迫ってきたけれど別れたくない、憎い浮気相手に慰謝料請求したい、好条件で離婚したいなど、最終的にどの結論に至ったとしても、浮気の決定的証拠があれば自分の希望する方向に話を進めることが可能になります

不貞の証拠でできること

関係
修復
  • 浮気を認めさせる
  • 浮気相手と別れさせる
  • 夫からの離婚請求を拒否できる
離婚
  • 浮気を理由に離婚できる
  • 離婚交渉を有利に進められる
慰謝料
請求
  • 夫に慰謝料請求ができる
  • 浮気相手(不倫と認識していた場合)に慰謝料請求ができる

別れずに関係修復したい場合、浮気の証拠があれば、夫からの離婚請求に応じる必要はありませんし、浮気相手と別れさせるための切り札となります。浮気相手への慰謝料請求にも効力があります。

また、夫と離婚したい場合は、夫が合意しなくて調停や裁判に発展したときに、浮気の証拠があれば離婚事由として認められます。離婚の際の諸条件についても、離婚原因を作ったのは夫であることが証拠により明白なので、有利な立場で交渉することができます。

なお、ここで言う浮気の決定的証拠とは、メールやレシート、デート写真などの状況証拠のことではなく、浮気相手と肉体関係にあることを証明する不貞の証拠」を指します。

夫婦には貞操義務があり、これを破ることが法的に浮気として認められるので、浮気を立証するためにはこの不貞の証拠を掴まなければいけません。探偵に浮気調査を依頼し、法的効力のある不貞の証拠を押さえてもらいましょう

一般的には不貞の証拠と言うと「ラブホテルに複数回出入りする写真」が多いですが、既に別居中となればホテルではなく浮気相手宅に出入りしている可能性が高いでしょう。

もちろん浮気相手宅への出入りも滞在時間や頻度など状況に応じて不貞の証拠と認められますので、プロに依頼して浮気相手宅を特定し、裁判や交渉で確実に利用できる証拠を掴むことが解決への一歩となります。

POINT

夫の浮気で別居になってしまったら、この先どうすべきかすぐには決められないでしょう。しかし、どのような結論を出すにしろ、解決のために不貞の証拠が必要になるのは間違いありません。これまでに見つけた状況証拠や夫からの自白を元に、早めに探偵に浮気調査の相談をすることをおすすめします。

夫の浮気や別居の悩みはカウンセラーに無料相談できます

ここまで夫の浮気による別居の対処法についてご紹介しましたが、辛い別居状態の中で、冷静さを保ち一人で問題に立ち向かうのは難しいことです。ほとんどの方が「どうしたらいいかわからない…」となってしまうでしょう。

そのように一人悩み苦しんでいる方には、探偵事務所のカウンセラーによる無料相談を利用することをおすすめします

あまり知られていませんが、探偵事務所では浮気調査で証拠収集するだけでなく、夫婦問題を専門とするプロのカウンセラーが在籍しており、依頼者の悩みを聞き問題の解決に向けて適切な対処法の提案やサポートを行ってくれます。

探偵事務所でしてくれること

  • プロのカウンセラーによる浮気の相談受付
  • 依頼者の希望を踏まえた最善の対処法の提案
  • 浮気調査で浮気の証拠収集
  • 夫婦関係修復のアドバイス
  • 離婚手続き・慰謝料請求のサポート
  • 弁護士の紹介

証拠を掴んでもその後どう夫と話し合えばいいか?関係修復はどうすれば上手くいくか?有利に離婚をするにはどうしたらいいか?など、相談者の悩みに応じて最適なアドバイスをしてくれますので、夫や浮気相手に立ち向かう上でとても心強い存在です。

夫の浮気による別居で先が見えない…」「辛くて誰かに相談したい…」と悩んでいる方は、まずは無料相談で一歩前に踏み出してみてはいかがでしょうか。カウンセリングにより気持ちや状況が客観的に整理され、解決に向けた今後の方向性が見えてくるはずです。

ページTop

10項目で徹底比較!
オススメ探偵事務所ランキング

夫の浮気を対処するためには浮気の証拠が必要です。そのためには探偵事務所へ浮気調査を依頼する必要がありますが、無数にある探偵事務所の料金や口コミ・評判を1件ずつ調べるのは大変ですよね。

そこで当サイトでは大手探偵事務所をランキング形式でご紹介するために会社の信頼性、拠点数、対応エリア、料金の安さ・体系、支払いの利便性、車両・機材の豊富さ、調査能力、カウンセリング能力、アフターフォロー、口コミ・評判の良さといった探偵を選ぶ上で非常に重要な10項目を徹底的に比較しております。

そのため、ランキング上位の探偵事務所は極めて高い調査力を持ち、個人情報の保護も徹底しており、信頼性が高いため安心して夫の浮気調査を依頼することができます。もちろん、カウンセラーへの無料相談のみの利用も大歓迎です。

探偵事務所に在籍している専門資格を持つプロのカウンセラーへ無料相談した方の9割以上が相談だけで悩みを解決しています。夫の浮気でお悩み・お困りの方はまずは無料相談を利用してみてください。

  1位 2位 3位




HAL探偵社 原一探偵事務所 響・Agent
評価詳細 評価詳細 評価詳細



98 / 100 96 / 100 86 / 100


実績多数で顧客満足度も高いので
依頼も安心!
長い歴史と多数の実績
安心して依頼が可能!
TV出演多数の弁護士が
運営する探偵で安心!


日本全国に15拠点、
日本最大級の支社数!
日本全国に18拠点、
日本最大級の支社数!
関東、中部、関西、
九州に全4拠点!




日本全国に加え、
海外での調査
にも対応!
日本全国に加え、
海外での調査
にも対応!
日本全国
どこでも調査が可能!

シンプルな料金体系
相場よりもかなり安い!
シンプルな料金体系だが
競合より高いかも…
わかりやすい料金体系で
相場より安い!


カード払い・分割払い可、
後払い
と文句なし!
カード払い・分割払い可、
後払い
と文句なし!
カード払い・分割払い可、
後払い
と文句なし!




プロ仕様の特殊機材や
車両
を多数所有!
日本最上級の充実した
車両と機材
を完備!
車両は不明だが、
業界最先端の機材を採用!
調


独自の研修とベテラン調査員
高品質な調査!
探偵歴10年以上の
ベテラン
が多数在籍!
10年以上のベテランや
警察OB
が多数在籍!






NPO公認カウンセラーと
ベテラン
が多数在籍!
カウセリングの
資格保有者
が多数在籍!
資格やキャリア等は不明だが、
丁寧な対応!







アドバイスや弁護士紹介などの
手厚いケア
アドバイスや弁護士紹介などの
手厚いケア
アドバイスや弁護士紹介などの
手厚いケア




悪い口コミが見つからず、
良い評判ばかり!
悪い口コミが見つからず、
良い評判ばかり!
口コミが全体的に少ないが、
良い評判ばかり!




HAL探偵社 原一探偵事務所 響・Agent

毎月、探偵事務所の無料相談窓口を利用して多くの方が悩みを解決しています。必要なのは勇気を出して夫の浮気を相談することのみです。最初は辛いかもしれませんが、相談相手はプロのカウンセラーなので、優しく丁寧に話を聞いてくれるので安心です。ですので、何も気にせずにお気軽に無料相談を利用してみてください。当サイトから一人でも多くの方が夫の浮気に関する悩みを解決できることを願っております。

夫の浮気に関するおすすめコンテンツ

浮気問題でお困りの方へ

当サイト人気No.1
HAL探偵社へ無料相談

0120-707-137

よくある質問

浮気調査や探偵について不安や疑問がある方は、探偵に依頼する前に知っておきたいことをまとめた【浮気調査に関するFAQ】をご覧ください。

  • どうすれば安全な探偵かわかりますか?
  • 浮気調査はどのように行われますか?
  • 浮気調査の料金はどのくらいしますか?
  • 浮気調査後はどうすればいいですか?

…など、浮気調査や探偵に関するよくある質問にお答えしています。

浮気調査に関するFAQを見る

カウンセラーに相談してみませんか?

探偵事務所には、夫婦問題を専門とするカウンセラーが在籍しています。
「浮気をされて辛い…」「どうしたらいいかわからない…」といった
浮気に悩む方の話を聞き、気持ちや状況を整理するためのアドバイスや
最適な解決策の提案をしてくれます。

当サイトでおすすめする業界最大手の【 HAL探偵社 】では、
24時間・匿名での無料相談を受け付けています。
お問い合わせは、お電話または公式WEBサイトから可能です。
1人で悩まず浮気問題のプロに相談することが解決への近道です。

HAL探偵社について詳しく見る