【夫の浮気の対処方法】旦那の不倫が発覚!乗り越え立ち直るにはどう行動する?

夫の浮気や不倫を見つけてしまったら、そのショックは計り知れません。頭が真っ白になり、涙が溢れ、どうしていいかわからなくなってしまいます。

ですが、「夫に浮気をされた」それは消せない事実です。夫の浮気を知ってしまった以上、現実から逃げても、何もなかったかのように平穏を取り戻すことはできません。

その状態のままでいても、何も変わりません。夫の浮気という事実を受け止め、それに対しどうするのか?具体的にアクションを起こして今の気持ちから立ち直り、夫の浮気を乗り越えていく必要があります。

では、夫の浮気が発覚した時はどのように行動するのがよいのでしょうか。ここでは夫の不倫や浮気が発覚した際に、乗り越え立ち直るためにどう行動するべきかについてご紹介します。

夫の浮気や不倫でお悩みの方へ

浮気や夫婦問題に関する
専門資格を持つプロのカウンセラー
無料相談してみませんか?

《利用者の声》
「これから何をすべきかはっきりして
前向きに考えられるようになった」
「ずっと落ち込んでいたけど相談したら
嘘のように気持ちが明るくなった」
「たくさんあった心配事がなくなって
一気にストレスを解消できた」

無料相談窓口を利用した9割以上の方
相談だけで悩みを解決しています。

  • 完全無料!日本全国24時間365日対応!
  • 匿名OKなので個人情報は必要なし!
  • 浮気かどうかわからない方も歓迎!

下記の探偵事務所には専任カウンセラーが
在籍しているので無料で相談が可能です。

1位 2位 3位
HAL探偵社 原一探偵事務所 響・Agent
満足度98% 解決実績No.1 弁護士が運営

ランキングを詳しく見る

夫の浮気の放置は取り返しのつかない問題が発生するリスクがある

夫が浮気していることがわかった場合、どうしたらいいかわからないからといって夫の浮気を放置してはいけません。

夫の浮気を放置すると、現在あなたが感じている不安や怒りといった感情面の問題が解決しないというだけでなく、下記のような新たな問題が発生する可能性があります。

夫が浮気相手を妊娠させてしまう
浮気相手も既婚者で相手側に訴えられてしまう
夫から一方的に離婚を切り出される

ではこういった事態を防ぐために夫の浮気へどのように対処していけば良いのでしょうか。その答えは夫婦できちんと話し合うことです。浮気問題は夫婦の問題ですので、妻が一人で考えても自己完結は極めて難しい問題なのです。

夫の浮気の対処方法のゴールは夫と話し合うこと

夫の浮気が発覚したらなるべく早く夫と話し合いの場を設け、夫に浮気の事実を確認して、今後の夫婦や家庭について話し合う必要があります。

夫婦でお互いの気持ちや愛情・経済的な面、浮気を許すことができるかなどの現実的なことを話し合い、最終的に今後について結論を出すのです。それにより、夫の浮気を乗り越え、立ち直ることが可能になります。

そのためには夫との話し合いに向けて準備をすることが必須です。夫との話し合いにも然るべき戦略やタイミングがあります。夫婦の話し合いを成功させ、浮気問題を解決して新しい未来を切り開けるよう、着実に必要な準備を進めましょう。

夫と浮気について話し合うために必要な準備には、大きく分けると「1.話し合いの場で夫が言い逃れできない決定的な浮気の証拠を押さえること」と「2.夫婦関係の再構築や離婚といった夫婦の将来について考えること」の2つが必要となります。

それでは具体的にどういったことをする必要があるのか、それぞれについてご紹介していきます。

1. 夫が話し合いの場で言い逃れできない決定的な浮気の証拠を押さえる

まず最も重要なことは、話し合いの場で夫に言い逃れをされないようにすることです。そのためには決定的な夫の浮気の証拠が必要となります。この証拠があって初めて夫に浮気を認めさせることができます。

そこで、状況証拠では話し合いにならない理由、決定的な夫の浮気の証拠とは何か、その証拠をどのようにして手に入れるかについてご説明します。

状況証拠では夫と話し合うことすらできない

夫の浮気が発覚した段階で、そのきっかけとなった「浮気相手とのメール」「財布から出てきたレシート」などを夫に見せつけ、浮気を問い詰めたくなる気持ちはわかります。

ですが、これらの証拠では浮気を証明するには不十分であり、夫に問い詰めてもはぐらかされてしまう可能性が非常に高いです。

浮気相手からのLINEメッセージについて「この女は誰なの!」と追及しても、「会社の同僚だ」「取引先の人だ」、レシートを問いただしても「仕事の都合で食事をしただけ」「友達の相談に乗っていただけ」などと誤魔化され、言い逃れされてしまいます。

中にはGPSを利用して夫の行動を追跡したり、ボイスレコーダーなどを仕掛ける人もいますが、危険を冒して情報が得られたとして、それらは状況証拠に過ぎず、夫と相手女性が肉体関係にあるという決定的証拠にはなりません。

夫の浮気について話し合うためには夫に浮気を認めさせる必要があり、そのためには言い逃れすることができない決定的な証拠を夫に見せつけることがどうしても必要になります。

浮気の現場を見せつけることが決定的な夫の浮気の証拠となる

では、決定的な夫の浮気の証拠とはどのようなものでしょうか?それは夫と浮気相手が浮気・不倫をしている現場を押さえた写真です。

具体的には夫と浮気相手の顔が鮮明にわかり、ラブホテルに入る姿が写っていれば、夫は言い逃れできなくなり、浮気を完全に認めさせることができます。

では、夫と浮気相手がラブホテルに入る姿を押さえた写真をどのようにして手に入れるのかですが、大きく分けると自分で夫を尾行して撮影する方法と第三者に依頼して撮影してもらう方法の2つがあります。

ですが、自分で浮気の証拠を押さえる(=自分で浮気調査をする)、あるいは第三者として知人・友人・家族に依頼するのは非常にリスクが高く、難しいことであるので当サイトでは浮気調査の専門家である探偵に依頼することを強くおすすめしています。

これからその理由についてご説明します。

素人が自分で浮気調査するのは危険で難しい

自分で夫を尾行し、決定的な証拠を押さえようと考える方は少なくありません。ですが、自分で浮気調査をすることは「バレるリスクが高い」「浮気現場の撮影は難しすぎる」「現場を目撃したときの精神的なショックが大きい」という理由からおすすめできません。

リスクが高い

夫と話し合いの場を設ける過程において最も避けたいのは夫に浮気を疑っていることや勝手に荷物を調べていることがバレることです。

こういったことがバレると「勝手に俺のスマホを見たのか」「俺を監視していたのか」「俺を信用出来ないのか!」と逆ギレされてしまうことによって浮気話が夫婦間のタブーになってしまい、話し合いができなくなってしまうことです。

「浮気を疑われていることに対して夫が怒る」「夫が警戒して浮気の証拠が見つからなくなる」ということが起こる結果、夫は浮気を継続しているのにも関わらず、「浮気の証拠が手に入らない」「夫に浮気の話はタブーになる」といった状態になり、妻としては精神的にかなり追い詰められてしまいます。

難易度が高い

浮気の証拠写真を押さえるには、尾行が必要になります。しかし、素人が相手に気付かれずに尾行するのはそもそも困難ですし、タクシーや車両による尾行はさらに難易度が高いです。

また、証拠写真も夫と浮気相手の顔がわかり、建物がラブホテルだと認識できる鮮明な写真を撮ることは基本的に不可能です。仮に夫を尾行してラブホテルに出入りする写真が撮れたとしても、夫と浮気相手の両方の顔が認識できて、ラブホテルの看板が入っている鮮明な写真でなければ、本人と断定することはできません。

時間と労力をかけて証拠を押さえても、証拠能力が低ければその努力は報われません。夫が言い逃れできない決定的証拠を掴むということはそれだけ難しいことなのです。

精神的なショックが大きい

自分で夫を尾行した際に、浮気相手と仲睦まじく歩いて行く姿や実際にラブホテルに入る現場を目撃するのは精神的なショックが大きく、自制心が効かなくなり浮気現場に乗り込んだり、その場からショックで動けなくなってしまうことがあります。

こうなると夫婦生活をともに過ごすこと自体が難しくなり、一時的に別居したり望んでいないのにもかかわらず、そのまま離婚をせざるを得ないということになってしまうケースもあります。

離婚を望む場合であってもきちんと証拠を押さえて慰謝料請求や夫に対する制裁を検討してから話し合ったほうが夫の抵抗が少なく早期に離婚に至ったり、夫に対する経済的・精神的なダメージを大きくすることができます。

お金を払ってでも探偵を雇った方がいい理由

では探偵へ依頼する場合はどうでしょうか?尾行・撮影の専門家である探偵へ浮気調査を依頼するメリットには「尾行・撮影してもバレない」「証拠としての品質が高い」「浮気の現場を目撃しなくて良い」という自分で浮気調査する際の全てのデメリットをカバーします。

探偵は浮気調査のプロなので、訓練を受けた専門の調査員が夫にバレることなく、無駄なく最短の方法で証拠を掴んでくれますし、浮気相手に関する情報も合わせて調べてくれます。低いリスクで品質の高い証拠を得られる点が探偵を利用する最大のメリットです。

ですが、実はそれだけでなく、「将来的に使用できる」「夫の浮気の悩みを相談できる」という探偵へ依頼することによる独自のメリットがあります。これがお金を払ってでも探偵で浮気調査することをおすすめしたい主な理由になります。

将来的に証拠を使用して自分の望む結果を得ることができる

探偵の浮気調査によって得られた浮気の証拠は夫に浮気を認めさせる以外にも使用することができます。

例えば、離婚したくないのに夫が離婚したいと言ってきた場合、離婚した側からの浮気の申し出は浮気の証拠があれば拒否することができます。また、夫や浮気相手への慰謝料請求や夫との離婚を実現させるためにも使用することができます。

今はどうしたらよいかわからないという方でも、浮気の証拠は将来の自分を守ってくれる唯一の武器となってくれます。

夫の浮気の悩みを専門家に相談することができる

探偵業という業界自体が社会的に十分認知されていないのであまり知られていませんが、探偵事務所には浮気や離婚といった夫婦問題に関する専門的な資格を保有したカウンセラーが相談員として在籍しています。

そのため、この後ご紹介する「夫婦関係の再構築や離婚といった夫婦の将来について考えること」という夫の浮気の対処方法としてやらないといけない2つ目の点についても、「まだわからない」「どうやって決めたら良いかわからない」という方は相談員に相談し、客観的で専門的なアドバイスをもらうことができます。

探偵事務所には月に多いと1,000件を超える浮気に関する相談が届きます。そういった実績を基に夫との関係修復・再構築した事例や離婚に至ったケースなどについて話を聞けますので、一人で悩むこと無くどうすれば後悔しないで夫との話し合いに臨むことができます。

再構築や離婚に向けた手厚いサポートを受けることができる

夫との関係修復・再構築を望む場合、あるいは離婚を望む場合や慰謝料請求を望む場合について、探偵事務所では浮気調査が完了した後でも手厚いサポートをしてくれます。

前述の通り、探偵事務所では多数の相談・調査実績がありますので、夫婦関係の修復に向けてどのようにしていくとよいのか、あるいは離婚に向けて有利な交渉や必要な法的手続きについて具体的に教えてくれますし、必要な場合はケースに応じて最適な弁護士も紹介してくれます。

このようにアフターフォローが非常に充実しており、実際の浮気調査を除いてその全てが無料になっています。夫との話し合いを超えて最終的に浮気された側が望む未来を達成するまでサポートしてくれるのが探偵事務所なのです。

探偵で浮気調査することについてもう少し知りたいという方へ

ここまでご説明してきたような圧倒的なメリットを考えるとお金を払ってでも探偵へ浮気調査を依頼し、夫が言い逃れできない決定的な証拠を掴むのがおすすめです。

浮気調査に踏み切れずに悩む方々にお伝えしたいのは、お金はかかっても、それ以上に得られるものが大きいということです。探偵による浮気調査は、自力で調べる方法よりもはるかにメリットが大きく、安全且つ確実に証拠を掴める方法です。

また、お金がかかるという問題は夫や浮気相手へ慰謝料を請求することで探偵へ依頼する料金以上の金額を手に入れることができます。そのため、お金がかかるデメリットよりも浮気調査がバレるリスクを最小限に抑えることが夫との話し合いにおいては最も重要です。

探偵への依頼ってよくわからなくてなんだか怖い…、浮気調査って料金が高そうで不安…など探偵や浮気調査に対する不安を抱えている方は、浮気調査の基礎知識をまとめたこちらの記事をご覧ください。

詳細:浮気調査マニュアル|探偵に浮気調査を依頼する前に知っておきたいこと

2. 夫婦関係の再構築や離婚といった夫婦の将来について考える

夫の浮気の証拠を集めるのに加えて、もう1つやらなければいけないことは、今後について考えることです。夫の浮気の事実を受け止め、「自分がこの先どうしたいのか」、あるいは「どうすべきか」について、少しずつ考えていく必要があります。

ただし、前述の通り探偵事務所へ相談すれば一人で悩まずに的確なアドバイスをもらうことができます。今すぐ考えて答えを決めておく必要はないので安心してください。

とは言え、夫の浮気のことで頭が一杯で将来についてまだまだ考えられないという方も多いと思います。そこでここでは「現実的に考える」「感情的に考える」ということから夫婦関係をどのようにしていくか方向性と考え方の軸についてご紹介します。

現実的な面から将来について考える

夫との関係をどうするか、大きく分けると「離婚」か「夫婦関係の継続」のどちらかに分かれます。離婚すべきかどうかわからないという人は一旦感情以外の面で「離婚することができるのか」について考えてみましょう。

妻目線で考えると夫と離婚できるかどうかは感情面以外で考えると「夫無しで生きていく経済力があるか」「子供の教育上、悪影響でないか」という2つが大きな要因となる場合がほとんどでしょう。

夫無しで生きていく経済力があるか

まず、経済力ですがある程度年齢を重ねた状態での再婚はかなり厳しいのが現代の傾向ですので、自分の収入のみで一人または親権を獲得できれば二人分の生活費を稼がなければなりません。これが難しいのであれば離婚ではなく夫婦関係の継続が一つの方向性となります。

子供の教育上、悪影響でないか

次に子供の教育についてですが、まだ幼い場合は両親の離婚は教育上大きな悪影響を及ぼす危険性があります。ですので、ある程度成長して分別のつく年齢になっていない場合は離婚ではなく夫婦関係の継続が一つの方向性となります。

感情的な面から将来について考える

前述のように現実的な面から考えてしっくりこない人は感情面から考えてみると良いでしょう。今後の夫婦生活において重要なのは「夫の浮気を許せるか許せないか」と「夫に対する愛情が残っているか」です。この2つを掛け合わせて4種類の方向性をご紹介します。

今後どの道を選ぶかを決めるのに一番大切なのは、あなた自身の気持ちです。もちろん子供のこと、お金のことなど現実的な問題も絡んできて、簡単には答えは出せないと思います。ただ、それらを一旦端に置いて「夫のことをまだ愛しているか」「浮気をしていなかったらどんな夫であるか」をまず考えてみてください。

家事や育児に積極的で夫婦関係は円満だったのか、夫のどんな部分を尊敬し、どんな部分を愛していたのか、無邪気なところ、聡明なところ、誠実なところなどなど、夫の良い面と悪い面を改めて振り返ってみましょう。夫に対する気持ちが少しは整理できるはずです。

夫の浮気を許せて夫に対する愛情が残っている

夫の浮気を許せて夫に対する愛情が残っているという人は無理に離婚する必要はないので、夫との関係修復・再構築を進めていくべきでしょう。

夫の浮気を許せないけど夫に対する愛情が残っている

夫の浮気を許せないけど夫に対する愛情が残っているという人は夫婦関係を継続し、夫の浮気を許せるようになるまで、時間をかけて気持ちを整理する、あるいは夫に対して厳しい制裁を加えることで心の傷を癒していくという方向性が考えられます。

夫の浮気を許せるけど夫に対する愛情が残っていない

夫の浮気を許せるけど夫に対する愛情が残っていないという人は離婚してお互い別々の道を歩んだほうが再婚という機会が生まれますので双方にとってメリットがあるでしょう。

夫の浮気を許せないし夫に対する愛情が残っていない

夫の浮気を許せないし夫に対する愛情が残っていないという人は離婚するだけではなく、高額な慰謝料請求による経済的なダメージに加え、法律に違反しない範囲で夫に対して何らかの報復を行なうことで気分が幾分か晴れるでしょう。

現実的な面と感情的な面を合わせて将来について考える

これらの現実的な面と感情的な面における将来の方向性を考えた際、最も困るのが現実的に離婚は難しいけど愛情はもう無いというパターンです。この場合は割り切って夫をATMだと考え、当面の生活は夫の稼ぎで過ごし、離婚に向けて準備をするという選択肢もあります。

繰り返しになりますが、浮気された側が一人で将来のことを考えるのは非常に辛く、難しい問題ですので、今すぐ結論を出す必要はありませんし、なるべく探偵事務所の相談員に相談しながらアドバイスをもらって考えるようにしたほうが良いでしょう。

探偵事務所や浮気調査についてもっと情報を集めたいという方はこちらをご覧ください。
詳細:浮気調査マニュアル|探偵に浮気調査を依頼する前に知っておきたいこと

今すぐ探偵事務所のカウンセラーへ相談したいという方は当サイトで最もおすすめするHAL探偵社のWebサイトから相談フォームにて問い合わせてみてください。

HAL探偵社

HAL探偵社をオススメする理由はこちら

こんな時はどうしたらいい?夫の浮気の対処方法ケース別まとめ

夫の浮気が発覚した際に発生する問題は人それぞれ異なります。そこでここからはケース別に夫の浮気の対処方法についてご紹介していきます。

「誰かに相談したい」「話し合いまでに気をつけるべきことが知りたい」「感情をコントロールできない」「再構築・離婚について知りたい」「話し合いをどのように進めたらいいか知りたい」など、夫の浮気の対処方法は下記をご覧ください。

誰かに相談したいけど誰に相談すればいい?

深く傷ついている中、自分の気持ちを整理するのは簡単なことではありません。今後の人生に関わる大事な問題なので、焦って答えを出す必要はありません。ただ、誰にも相談できずに1人で悩み、この状況から抜け出せずにいるとしたら、思いきって誰かに相談することを考えてみてください。

まず相談相手として思い浮かぶのは、両親や友人が多いと思います。しかし、一般的に親は自分の子を守ろうとするものなので、意見が主観的であったり、怒って夫を問い詰めたりと不用意な行動を起こしてしまう可能性が否めません。

そうなると、問題が大きくなり、更には証拠が掴めなくなってしまう可能性すらあります。もし関係修復したいと考えている場合は、今後の夫と両親との関係への影響なども考え、両親に相談するかどうかは慎重に判断した方が良いかもしれません。

また、友人への相談も、相手を選んで慎重に行うことが大切です。夫と共通の友達の場合は、相手の言動次第では夫に疑っていることがバレる可能性もあるので注意が必要です。人それぞれ価値観が異なりますので、友人の言葉は「そういった考え方もある」というアドバイス程度に受け止め、左右されすぎないように気をつけましょう。

最良の選択は、やはり夫婦問題や浮気問題を専門とする弁護士や探偵事務所のカウンセラーに相談することです。浮気問題は、人の感情や事情が複雑に絡み合った難しい問題です。傷ついた心を回復させるカウンセリング、夫とやり直す方法、離婚や慰謝料請求をうまく進める法的知識など、幅広い内容で対応してくれる専門家が一番心強い相談相手になることは間違いありません。

探偵事務所では、証拠集めの浮気調査だけでなく、カウンセラーが依頼者の相談に乗ったり、証拠収集後のアフタフォローまで一貫して行っていますので、夫の浮気の対処に必要な「1. 証拠収集」と「2. 今後について考える」の2つのことが両方叶えられるのです。

多くの探偵事務所では、無料相談を受け付けています。夫の浮気が発覚してどうしたらいいかわからない、対処法がわからないという方は、一度相談をしてみることで一歩前に進むことができるでしょう。あなたの気持ちや状況を踏まえて、最善の方法を客観的にアドバイスしてくれるはずです。

詳細:夫の浮気や不倫は誰に相談する?友人や両親に言う?オススメは探偵事務所や弁護士

自分の感情が抑えられない・気持ちが整理できない

夫の浮気がわかって冷静でいられる人はそういません。感情的になって取り乱したり、落ち込んでやつれてしまう人が多いでしょう。しかし、悲しんで泣いたり、相手を恨んだりしても浮気の事実は消えませんし、苦しい日々が続くだけで問題は一向に解決しません。

裏切られて傷ついた状態で自分の気持ちに向き合うことは辛いことですが、客観的な視点を持って自分を見つめることが気持ちの整理には大切です。今の苦しい状態から一歩前へ進めるよう、自分の気持ちを整理するのに役立つ考え方をご紹介します。

夫の浮気が発覚したら、大抵の人は相当な精神的ダメージを受けるでしょう。怒り、悲しみ、恨み、自己嫌悪など、様々な感情が複雑に入り交じり、自分の感情をコントロールできずに辛い日々を過ごしている方が多いと思います。

自分の気持ちを整理して一歩前に進むためには、その感情はどこから来るものなのか?何に対してそう感じるのか?原因を突き止めることが必要です。自分が抱く感情の原因がわかれば、そこから今後の対策が考えられるようになります。

感情別の対処法については、下記をご覧ください。
詳細:夫に浮気されて辛い・苦しい|旦那の不倫で眠れない
詳細:夫に浮気されてみじめで悔しい|旦那に不倫されたことが許せない
詳細:夫の浮気に怒り|旦那の不倫にイライラしている方へ
詳細:浮気した夫や浮気相手を殺したいほど憎い|旦那の不倫を許せない方へ
詳細:夫の浮気が悲しい・寂しい|旦那に不倫された虚しい妻
詳細:夫の浮気疑惑による心配・不安・モヤモヤを解消する方法
詳細:夫の浮気発覚で冷めて嫌いに|不倫した旦那へ抱く感情は嫌悪感・気持ち悪い

今後夫とどうなりたいのか?家庭をどうしていきたいか?気持ちが整理できない、自分の中で答えが出せないという方は、こちらもご覧ください。
詳細:夫の浮気を「許すか」「許さないか」どうやって判断する?
詳細:夫の浮気を許せない!時間が解決してくれるか?それとも離婚か?

夫が浮気なぜ浮気したのか、原因を知りたい・考えたい

相手の非を責めるだけでなく、夫の浮気の原因が自分自身にもなかったかどうか振り返ることも、気持ちの整理には大切です。例えば、「最近、男性として見ていなかった」「子育てや仕事、家事の忙しさから自分自身に女性らしさがなくなっていた」「長らく夫とセックスレスである」など、最近の夫婦関係で反省すべき点がないか振り返ってみましょう。

もちろん振り返ったからといって、自分を責める必要はありません。悪いのは浮気をしている夫の方です。結婚は契約であり、浮気や不倫は契約違反なのです。ただ、根本的に浮気問題を解決するためには、原因を知ることが重要です。

特に、「夫と別れたくない」「夫とやり直したい」と思っている場合は、夫が浮気に走ってしまった原因を突き止め、それを改善していくことが今後の関係修復につながります。自分の言動を振り返ることで、夫に対する気持ちや考え方が変化してくる可能性がありますので、自分の感情を落ち着かせて客観的に夫婦関係を見直す時間を取りましょう。

詳細:【浮気されやすい女性の特徴】妻から離れてしまった夫を振り返らせるには?

今すぐ夫に浮気について問い詰めたい

夫に問いただし、浮気の事実を確認するためには、夫が認めざるを得ない浮気の証拠を提示する必要があります。夫は妻に浮気がバレることを恐れているのですから、そう簡単に浮気を認めるわけがありません。

疑いレベルのメールや物的証拠で問い詰めても言い逃れされてしまうことは目に見えています。そのため、夫の怪しい行動やメールで浮気に気付いても、感情的になってすぐに問い詰めてはいけません。

相手女性と肉体関係にあることが証明できない内容だと、夫はいつまでも見え透いた嘘やごまかしを続け白状しないでしょう。場合によっては疑われたことに逆ギレをして話し合いを避けようとしてくる可能性もあります。

更に、浮気を疑われていることを自覚すると、夫は警戒するようになり、証拠を掴めなくなってしまうリスクがあります。警戒モードに入った状態で話し合いに必要な浮気の証拠を掴むのは非常に難しく、なるべくこちらが疑っていることがバレないようにする必要があります。

また、夫と別れたくないと思っている場合は、ヒステリックになって暴言を吐いたり暴力を振るってしまうと、夫の気持ちがさらに離れる原因となりかねません。すぐにでも問い詰めて真実を知りたい気持ちをぐっと堪えて、確実な方法で証拠を掴み事実を確かめましょう。

詳細:夫の不倫を我慢するのも問い詰めるのもダメ!旦那の浮気相手との電話も会うのもNG

関係修復・離婚はどうやって考えればいいの?

浮気調査で夫の浮気の証拠を掴んだ後は、夫と話し合って夫婦の結論を出すことになります。浮気調査を通してカウンセラーと話すうちに自分の気持ちも徐々に整理され、この頃には「今後どうしたいのか」という自分の意志もある程度固まってくるでしょう。

「絶対に別れたくない。夫と関係修復したい」「もう夫に愛情はないけど子供のためにも今は別れない」「1人では生きていけないので、夫は許せないけど離婚できない」「自立できるので、夫とは離婚して慰謝料請求をする」など、妻たちが取る選択はさまざまです。

決してどれが正解ということはありません。皆それぞれ置かれている立場や環境が異なりますので、どの選択を取れば明るい未来が待っているかは人によって異なります。自分の夫への気持ちに加えて、離婚することによる子供への影響、シングルマザーになった場合の生活費や養育費といった経済面のリスク、夫の浮気の程度、やり直す気が夫にあるかなど、それぞれが抱える現実的な問題を考えた上で判断することが必要です。

また、夫婦のことなので、自分がいくらこうしたいと思っても、夫の姿勢や浮気の状況によって判断は変わってくると思います。全てを総合的に検討して、どうすることが自分が一番幸せになれるかを考えてみましょう。

詳細:夫の浮気を「許すか」「許さないか」どうやって判断する?
詳細:夫の浮気を許せない!時間が解決してくれるか?それとも離婚か?

浮気した夫を許す・許さないはどう考えるの?

夫婦関係を続けるにしても、別れるにしても、浮気した夫を「許す」「許さない」はまた別の問題です。自分を裏切った夫に対し、強い怒りや憎しみを感じるのは当然のことです。悩んだ末に今後の方針について結論が出ても、やるせない思いに苦しむ方は多いでしょう。

やり直すからと言って、必ずしも夫を許すということではありませんし、許せないという気持ちが強ければ、関係を再構築する場合も離婚する場合も、何らかの形で夫と浮気相手に制裁を加えてその気持ちを解消する必要があるでしょう。

一般的に、浮気問題における合法的な制裁方法は慰謝料請求です。離婚する場合もしない場合も、不貞の証拠があれば、夫と浮気相手に慰謝料請求が可能になります。金銭的負担を負わせて、しっかりと浮気の責任を取らせるのです。

また、別れずに夫婦関係を継続するけれど、どうしても夫を許せないという場合は、お小遣いや門限、家事など家庭でのルールを厳しくしたり、両親や親戚に浮気の事実を暴露するなど、夫に浮気を反省させ肩身の狭い思いをさせる復讐方法もあります。

反対に、今回の浮気は許すから戻ってきてほしいという気持ちであれば、夫婦関係の再構築に向けて、夫を責めたり感情をぶつけたりせずに、お互いに歩み寄り、前向きに関係を改善していく努力をしていくことが大切です。

夫婦関係の修復・再構築はどうやって進めるの?

離婚せずに夫とやり直したいと考えている場合は、夫との話し合いも建設的に進めることが大切です。2人でもう一度やり直そうと決めたのであれば、夫婦関係を再構築するために努力していく必要があります。

ここで夫への怒りをぶつけてしまっては、相手の気持ちが離れてしまう可能性があり、やり直したいという気持ちとは裏腹に関係悪化の方向に進んでしまいかねません。現実を受け止め夫婦で再び協力していくんだという覚悟を持って、冷静に夫と向き合いましょう。

夫と浮気相手との関係を清算させる

関係修復のためにまず必要なことは、夫に浮気を認めさせ、浮気相手と別れさせることです。浮気の証拠を出して、夫が言い逃れできない状況を作りましょう。夫にも家庭を守りたいという気持ちがあれば、改心して浮気相手と別れ家族のもとへ戻ってくることが期待できます。

浮気相手と決別させる方法としては、相手への慰謝料請求や誓約書の取り交わしがあります。一定の条件を満たしている必要がありますが、浮気によりあなたが被った精神的ダメージに対する損害賠償として浮気相手に慰謝料を請求することで、制裁を加えることができます。

また、浮気の事実に対する謝罪と今後一切関わらないと約束する内容の誓約書・示談書に2人とも署名捺印させることで、浮気相手と縁を切らせることも大切です。もしこの約束を破って再び浮気をしたら違約金を支払うという内容を含めれば、抑止力としても効果があります。

夫との夫婦関係の再構築に必要なこと

浮気相手と別れさせたら解決かというと、そうではありません。今度は夫との関係を再び築いていく必要があります。ここからが新たなスタートなのです。一度崩れた信頼関係を取り戻すには時間がかかるということを覚悟して夫と向き合いましょう。

関係修復のためには、相手が変わることを求めるだけでなく、自分自身も変わることが大切です。夫が浮気をしてしまった原因が自分や家庭にもあったのであれば、それを素直に認めて夫の心を取り戻す努力をしなければいけません。

また、関係修復中は忘れようと思っても浮気されたことを何度も思い出し、その度に怒りが込み上げてきて「あなたが浮気したのがいけないのよ!」と夫を責めてしまうことがあるでしょう。もちろん悪いのは夫なのですが、夫婦でやり直そうと決めたのに責められ続けたら、夫は妻と一緒にいるのがどんどん苦痛になっていきます。

そうなると、関係修復どころか関係悪化につながってしまいます。夫を束縛しすぎたり、責め続けるのではなく、前向きに2人の関係を立て直していく決意が必要です。夫婦カウンセラーが在籍する探偵事務所では、浮気調査後の関係修復に対してもアフターフォローを行っていますので、夫と今後どう向き合っていくか相談に乗ってもらうと安心です。

関係修復の方法の詳細については下記をご覧ください。
詳細:浮気した夫と離婚しないで関係修復・再構築

慰謝料請求・離婚はどうやって進めるの?

「浮気した夫はどうしても許せないので離婚する」という決断もあります。離婚をする場合は、慰謝料請求、財産分与、親権などさまざまなことについて話し合う必要があります。自分にとって有利な条件で離婚できるように、浮気の証拠を含めしっかりと準備することが大切です。

慰謝料請求・離婚に必要な「不貞の証拠」

慰謝料請求や離婚には、浮気相手と継続的に体の関係があるという「不貞の証拠」を押さえていることが大前提になります。また、不貞の証拠は夫に浮気を認めさせる以外にも、今後あらゆる面において重要な役割を果たします。

夫との話し合いの結果、夫や浮気相手に慰謝料を請求する、離婚をするなどの結論に至った場合、浮気の事実を証明する不貞の証拠が必ず必要になります。慰謝料の金額や離婚条件を決める上でも、証拠があるのとないのではあなたの立場が大きく変わってきます。

今後に関する重要な交渉をするときに、夫がしらばっくれたり急に態度を変えたりすることがないよう、不貞の証拠を押さえて確実に強い立場で話し合いに臨むことが非常に重要なのです。この手間や費用を惜しむと、結果的に自分が不利になってしまうということを忘れないでください。

また、夫の浮気を証明するには、複数回の不貞行為があったことを証明しなければいけません。尾行して証拠写真を撮ること自体困難な上に、複数回その証拠が必要となると、素人では到底できるものではありません。また、慰謝料請求には、浮気相手を尾行して名前や住所などの身元を突き止める必要もあるのです。

探偵は慰謝料請求や離婚裁判でも使えるレベルの不貞の証拠を押さえることを専門とするプロなので、得られる証拠の強さには保証があります。調査報告書で詳細にまとめられた証拠は、この先の話し合いや交渉において、あなたを有利な立場にしてくれます。

慰謝料請求・離婚の流れ

夫婦間の話し合いで決着がつけば協議離婚となりますが、夫が離婚に合意しなかったり、諸条件で折り合いがつかない場合は、家庭裁判所の調停委員が間に入り話し合いを行う調停離婚になります。それでも調停が不成立となれば、離婚裁判へと発展します。

慰謝料請求や離婚調停・裁判の際には、離婚事由となる浮気の決定的証拠「不貞行為の証拠」が勝敗の鍵を握ります。不貞行為の証拠がなければ、基本的に慰謝料請求や離婚が認められません。離婚を考えている場合は、必ず証拠を押さえてから夫に話を切り出しましょう。

また、法的な知識が不足していると、不利な条件で離婚に合意してしまったり、慰謝料や養育費などもらえるものをもらわずに終わってしまうことが懸念されます。今後の人生に大きく影響することなので、全て自分だけで判断せずに専門家の意見を仰ぐことが賢明です。

探偵事務所では法的なアドバイスも可能です。慰謝料や離婚について、調停や裁判が必要であれば弁護士の紹介も行ってくれますので、時間はかかるかもしれませんが、あなたの望むように話を進めることができるでしょう。新たな人生のために力になってくれるはずです。

弁護士が運営する探偵事務所もありますので、離婚を前提とした浮気調査や離婚手続きの相談については、下記も参考にしてみてください。

詳細:慰謝料請求や離婚調停・裁判なら弁護士が運営する探偵事務所で浮気調査

夫との話し合いを有利に進めるためには?

関係修復を望むにせよ、離婚を切り出すにせよ、夫との話し合いは自分にとって有利な方向に進めることが重要です。いざ夫と向き合うと、浮気に対する怒りや悲しみが込み上げてきて感情的になってしまいがちです。

ただ、そうなると相手も逆上してきたり、開き直ったりして話し合いになりません。夫を責めたてたり追及せずに、冷静且つ真剣な態度で浮気の事実や原因を聞き出し、浮気をされて傷ついたこと、今後についてのあなたの意志を伝えることが大切です。

そのような態度で話されると、夫ももう逃げられないと観念して話し合いに応じるケースが多いです。また、相手の出方や態度、話される真実に対し感情的にならないよう心の準備をして話し合いに臨むことも、話し合いを成功させるポイントです。

夫との話し合いを上手く進めるための方法について、詳細は下記をご覧ください。
詳細:浮気の証拠を手に夫や妻と話し合いを有利に進める方法

ページTop

10項目で徹底比較!
オススメ探偵事務所ランキング

夫の浮気を対処するためには浮気の証拠が必要です。そのためには探偵事務所へ浮気調査を依頼する必要がありますが、無数にある探偵事務所の料金や口コミ・評判を1件ずつ調べるのは大変ですよね。

そこで当サイトでは大手探偵事務所をランキング形式でご紹介するために会社の信頼性、拠点数、対応エリア、料金の安さ・体系、支払いの利便性、車両・機材の豊富さ、調査能力、カウンセリング能力、アフターフォロー、口コミ・評判の良さといった探偵を選ぶ上で非常に重要な10項目を徹底的に比較しております。

そのため、ランキング上位の探偵事務所は極めて高い調査力を持ち、個人情報の保護も徹底しており、信頼性が高いため安心して夫の浮気調査を依頼することができます。もちろん、カウンセラーへの無料相談のみの利用も大歓迎です。

探偵事務所に在籍している専門資格を持つプロのカウンセラーへ無料相談した方の9割以上が相談だけで悩みを解決しています。夫の浮気でお悩み・お困りの方はまずは無料相談を利用してみてください。

  1位 2位 3位




HAL探偵社 原一探偵事務所 響・Agent
評価詳細 評価詳細 評価詳細



98 / 100 96 / 100 86 / 100


実績多数で顧客満足度も高いので
依頼も安心!
長い歴史と多数の実績
安心して依頼が可能!
TV出演多数の弁護士が
運営する探偵で安心!


日本全国に15拠点、
日本最大級の支社数!
日本全国に18拠点、
日本最大級の支社数!
関東、中部、関西、
九州に全4拠点!




日本全国に加え、
海外での調査
にも対応!
日本全国に加え、
海外での調査
にも対応!
日本全国
どこでも調査が可能!

シンプルな料金体系
相場よりもかなり安い!
シンプルな料金体系だが
競合より高いかも…
わかりやすい料金体系で
相場より安い!


カード払い・分割払い可、
後払い
と文句なし!
カード払い・分割払い可、
後払い
と文句なし!
カード払い・分割払い可、
後払い
と文句なし!




プロ仕様の特殊機材や
車両
を多数所有!
日本最上級の充実した
車両と機材
を完備!
車両は不明だが、
業界最先端の機材を採用!
調


独自の研修とベテラン調査員
高品質な調査!
探偵歴10年以上の
ベテラン
が多数在籍!
10年以上のベテランや
警察OB
が多数在籍!






NPO公認カウンセラーと
ベテラン
が多数在籍!
カウセリングの
資格保有者
が多数在籍!
資格やキャリア等は不明だが、
丁寧な対応!







アドバイスや弁護士紹介などの
手厚いケア
アドバイスや弁護士紹介などの
手厚いケア
アドバイスや弁護士紹介などの
手厚いケア




悪い口コミが見つからず、
良い評判ばかり!
悪い口コミが見つからず、
良い評判ばかり!
口コミが全体的に少ないが、
良い評判ばかり!




HAL探偵社 原一探偵事務所 響・Agent

毎月、探偵事務所の無料相談窓口を利用して多くの方が悩みを解決しています。必要なのは勇気を出して夫の浮気を相談することのみです。最初は辛いかもしれませんが、相談相手はプロのカウンセラーなので、優しく丁寧に話を聞いてくれるので安心です。ですので、何も気にせずにお気軽に無料相談を利用してみてください。当サイトから一人でも多くの方が夫の浮気に関する悩みを解決できることを願っております。

必要な情報がなかったという方へ

最後までご覧いただきありがとうございます。このページの情報はいかがでしたか。「参考にならなかった」「必要な情報が見つからなかった」という方は、下記のページも是非チェックしてみてください。現在のお悩みを解決するヒントになると思います。

初めての浮気調査

探偵で浮気調査

自分で浮気調査

夫の浮気

妻の浮気

全国の浮気調査でおすすめの探偵

北海道の浮気調査でおすすめの探偵
青森の浮気調査でおすすめの探偵
岩手の浮気調査でおすすめの探偵
宮城の浮気調査でおすすめの探偵
秋田の浮気調査でおすすめの探偵
山形の浮気調査でおすすめの探偵
福島の浮気調査でおすすめの探偵
茨城の浮気調査でおすすめの探偵
栃木の浮気調査でおすすめの探偵
群馬の浮気調査でおすすめの探偵
埼玉の浮気調査でおすすめの探偵
千葉の浮気調査でおすすめの探偵
東京の浮気調査でおすすめの探偵
神奈川の浮気調査でおすすめの探偵
新潟の浮気調査でおすすめの探偵
富山の浮気調査でおすすめの探偵
石川の浮気調査でおすすめの探偵
福井の浮気調査でおすすめの探偵
山梨の浮気調査でおすすめの探偵
長野の浮気調査でおすすめの探偵
岐阜の浮気調査でおすすめの探偵
静岡の浮気調査でおすすめの探偵
愛知の浮気調査でおすすめの探偵
三重の浮気調査でおすすめの探偵
滋賀の浮気調査でおすすめの探偵
京都の浮気調査でおすすめの探偵
大阪の浮気調査でおすすめの探偵
兵庫の浮気調査でおすすめの探偵
奈良の浮気調査でおすすめの探偵
和歌山の浮気調査でおすすめの探偵
鳥取の浮気調査でおすすめの探偵
島根の浮気調査でおすすめの探偵
岡山の浮気調査でおすすめの探偵
広島の浮気調査でおすすめの探偵
山口の浮気調査でおすすめの探偵
徳島の浮気調査でおすすめの探偵
香川の浮気調査でおすすめの探偵
愛媛の浮気調査でおすすめの探偵
高知の浮気調査でおすすめの探偵
福岡の浮気調査でおすすめの探偵
佐賀の浮気調査でおすすめの探偵
長崎の浮気調査でおすすめの探偵
熊本の浮気調査でおすすめの探偵
大分の浮気調査でおすすめの探偵
宮崎の浮気調査でおすすめの探偵
鹿児島の浮気調査でおすすめの探偵
沖縄の浮気調査でおすすめの探偵

浮気問題でお困りの方へ

当サイト人気No.1
HAL探偵社へ無料相談

0120-707-137