浮気した夫と離婚しないで関係修復・再構築

「夫に浮気をされたけれど、それでもまだ夫を愛している」「昔の仲の良かった夫婦に戻りたい、家庭を守りたい」と、浮気を許し離婚しないという結論を出した場合は、そこからが家庭の再構築に向けた長い道のりのスタートとなります。

相手を信じてやり直そうと決意したのであれば、辛い気持ちを乗り越え、夫と共にもう一度家族になるための努力をしなければなりません。この記事では、夫婦関係修復の道を選んだ方に読んでいただきたい関係修復の方法や心構えについてご紹介します。

夫の浮気や不倫でお悩みの方へ

浮気や夫婦問題に関する
専門資格を持つプロのカウンセラー
無料相談してみませんか?

《利用者の声》
「これから何をすべきかはっきりして
前向きに考えられるようになった」
「ずっと落ち込んでいたけど相談したら
嘘のように気持ちが明るくなった」
「たくさんあった心配事がなくなって
一気にストレスを解消できた」

無料相談窓口を利用した9割以上の方
相談だけで悩みを解決しています。

  • 完全無料!日本全国24時間365日対応!
  • 匿名OKなので個人情報は必要なし!
  • 浮気かどうかわからない方も歓迎!

下記の探偵事務所には専任カウンセラーが
在籍しているので無料で相談が可能です。

1位 2位 3位
HAL探偵社 原一探偵事務所 響・Agent
満足度98% 解決実績No.1 弁護士が運営

ランキングを詳しく見る

関係修復のために必要な前提条件

浮気をした夫を許し、相手を信じて関係修復を試みるには、前提条件があります。それは、あなたがまだ夫を愛していること、夫婦を続けたいこと、夫があなたを愛していること、家庭がちゃんと成り立っていたことなどです。

家庭は1人で作り上げるものではなく、夫婦で共に築いていくものです。自分がいくら家庭を再構築したいと思っていても、夫が浮気相手の方を向いていて家族から心が離れてしまっている状態では、関係修復は非常に難しいと言えます。

もちろん浮気夫を改心させて、家族の元へ戻ってくるようにさせるのも不可能ではありませんが、かなりの時間と労力がかかることです。相手を変えることは自分が変わることよりも難しいことだと思った方が良いでしょう。

詳細:夫の浮気を「許すか」「許さないか」どうやって判断する?
詳細:夫の浮気を許せない!時間が解決してくれるか?それとも離婚か?

離婚したくない・関係修復したいという場合にやってはいけないこと

浮気はされたけど離婚はしたくない、夫婦関係を修復したいという場合、夫を問い詰めることは絶対にやめましょう。感情的になって夫を非難したり、罵倒したりしてしまうと、かえって関係を悪化させてしまうことになりかねません。

そもそも証拠がない状態で夫に「浮気しているでしょ!」と問いただしても、ごまかされてうやむやにされたり、「俺のことを疑ってるのか」と逆ギレしてきて夫婦喧嘩になってしまう可能性が非常に高いです。

たとえ浮気が確実であっても、証拠がなければ多くの浮気夫は頑なに認めないでしょうし、相手が浮気を認めないことには話が進まず夫婦関係も改善できません。そのため、浮気に気付いてもすぐに問い詰めるのではなく、言い逃れのできない証拠を掴んだうえで、冷静に夫と話し合いをする必要があります。

夫婦関係の再構築のために踏むべきステップ

次に、夫の浮気問題を解決して夫婦関係を修復していくために必要なステップについてお話しします。夫婦関係の再構築という最終的なゴールに向けて、まずやらなければいけないのが、夫の浮気を完全に終わらせ、浮気問題を片付けることです。

浮気相手との関係を清算させ、夫を家庭に戻って来させなければ、夫婦として向き合うことができません。ここを曖昧にしたり、ただ我慢していては根本的に解決しませんので、しっかりと夫の浮気に終止符を打ってから、2人の関係を見つめ直していくというステップを踏みましょう。

また、夫の浮気に然るべき対処を取ることは、あなた自身の気持ちにケジメをつけるためにも重要です。浮気した夫とやり直すということは、夫を許して受け入れるということです。しかし実際にその気持ちの切り替えは簡単なものではありません。

自分を裏切ったことに対して夫や浮気相手にきちんと謝罪してもらい、責任を取ってもらわなければ、夫のことを許せず、いつまでも納得いかないモヤモヤした気持ちが残ると思います。その結果、結局苦しみや憎悪から抜け出せず、夫婦関係をうまく改善できないという可能性も考えられます。

気持ちに踏ん切りをつけて、夫とやり直すスタートを切るためにも、まずは決定的な証拠を掴んで夫と浮気相手を別れさせましょう。そして、その後時間をかけてゆっくり関係修復を試みましょう。そのために必要な手順を次の項から具体的にご説明していきます。

まずは浮気の事実を認めさせ、浮気相手と別れさせる

先ほどから申し上げている通り、家庭を再生させるためには、まず夫と浮気相手を別れさせることが必要です。浮気相手とのメールを見つけて突きつけたら、白状してすぐに浮気を認めたとなれば話が早いですが、中途半端な状況証拠ではシラを切られたり、逆ギレして浮気を認めないというケースの方が多いでしょう。

決定的な証拠を手に入れる

夫に言い逃れさせず話し合いの席に着かせるためには、浮気相手と肉体関係にあることを証明する「不貞の証拠」が必要です。ラブホテルに出入りしている写真を出されたら、もう嘘や言い訳は通用しません。

そして、重要なのは法律で浮気と認められるのはこの不貞の証拠がある場合です。浮気相手に慰謝料請求をする際や最悪の場合離婚を有利に進めるためにも必要になります。万が一夫に離婚を言い出されても、不貞の証拠を持っていれば有責配偶者からの離婚請求は原則認められず、不本意な離婚を避けることができます。

そのため、浮気の実態を暴いて夫に浮気を認めさせるためだけでなく、今後の自分の身を守る大切な証拠であるということを理解してください。

この不貞の証拠は、探偵に浮気調査を依頼すれば、リスクを冒すことなく確実に手に入れることができます。浮気の事実を認めさせるのは関係修復に向けた大事なスタートです。そこでつまずかないよう、決定的な証拠収集はプロの探偵に依頼をするのが安心です。

証拠をもって話し合いをする

証拠が掴めたら、それを基に夫に浮気を認めさせ、全て白状させましょう。決定的な浮気の証拠があり言い逃れができない状態では、夫も観念するしかありません。

このとき注意したいのは、感情的になって泣きわめいたり、夫を責め立てたりしてはいけないということです。人は攻撃されると防御体制に入り、逃げたり反撃してきたりします。これでは建設的な話し合いにならず、関係をさらに悪化させてしまうことにつながります。

冷静に浮気の事実を夫の口から確認し、自分がどれだけ傷ついたかということを素直に伝え、まずは夫に謝罪してもらいましょう。感情的に伝えるよりも、冷静に伝えられた方が相手には堪えます。浮気という非を認めさせることがスタートです。そして、浮気相手と別れさせ、この浮気を終わらせます。

しかし、ここで夫が「もう別れたから」「二度と会わないから」と言っても、その言葉を簡単に信じてはいけません。妻に別れたと言っておきながら、実は交際を続けているというケースが実は非常に多いのです。ここはしっかりと介入して確実に縁を切らせることが重要です。

夫に家庭を壊したくないという気持ちがあれば、素直に浮気相手と別れて家族の元へ戻ってくる可能性が高いですが、グダグダ浮気相手とつながっていたり、別の相手とまた浮気を繰り返すだらしない男も少なくありません。

ここは自分の犯した罪をしっかりと認識させて、「もう二度と浮気はしない」と反省させることが今後の関係において重要となります。それでは、次にその方法をご紹介します。

浮気調査で夫を浮気相手と別れさせる方法の詳細については、下記の記事をご覧ください。
詳細:浮気調査で夫や妻を不倫・浮気相手と別れさせる方法

夫の浮気の対処法を知りたいという方へ

どうしたらいいかわからず
1人で悩んだり、あれこれ調べたりするのは
もう終わりにしましょう。
夫の浮気を解決するために、
今やるべきことは「たった2つです!

夫の浮気の対処法の詳細はこちら

浮気の罪の重さを理解させ、再発防止を図る

浮気を許して何事もなかったかのように普段の生活に戻ってしまっては、ダメな夫は「浮気しても謝れば許してもらえる」と思ってしまう可能性があります。浮気の再発防止と関係修復のためには、しっかりと自分がしたことの罪の重さを理解させる必要があります。

浮気相手に慰謝料請求をする

浮気の責任を取らせる方法として、浮気により被った精神的ダメージに対する損害賠償として慰謝料請求をする方法があります。慰謝料請求は、浮気をした夫本人と浮気相手の両方にすることができますが、生計を共にする夫に請求してもあまり意味がないため、一般的には浮気相手に対して行われます。

慰謝料請求により浮気相手に制裁を加えることができますし、夫に対しても大変なことになってしまった、浮気はしてはいけないという認識を植え付けることができます。これが浮気の再発防止に有効な手段となります。

慰謝料請求には、浮気の事実を証明するための「不貞行為の証拠」が必要になります。これがなければ、相手が素直に慰謝料請求に応じなかったり、請求自体が難しい可能性も出てきます。プロの探偵に依頼して不貞行為の証拠を事前に掴んでおくようにしましょう。

今後二度と浮気をしないという誓約書に署名捺印させる

「今回は夫にも非があったから慰謝料請求はしない」「大事にしたくないから二度と浮気をしなければ今回は許す」というパターンもあります。その場合は、誓約書により浮気の事実を謝罪させ、今後二度と浮気しないという約束をさせることが大切です。

浮気相手にも同様の誓約書を書いてもらいましょう。もしこの約束を破ってまた浮気をした場合は違約金を支払うという内容を含めれば、浮気再発の抑止力として働きます。誓約書は示談書、合意書、和解書とも言います。

慰謝料請求や誓約書に関する詳細は下記の記事をご覧ください。
詳細:【浮気の慰謝料請求】婚姻関係の破綻とは?離婚しなくてもできるの?

浮気再発防止のためのルールを作る

慰謝料請求や誓約書の発行で完全に浮気再発を防止できるかというとそうではありません。特に浮気性の夫の場合は、今後再び浮気をしないように夫婦間のルールを設けることが効果的です。

ルールの例としては、下記のようなものが挙げられます。

ただし、あまりに細かく厳しいルールで縛ってしまうと、逆に夫の気持ちが離れてしまう原因となります。監視しすぎも良くないので、適度なルールで浮気をしやすい環境を作らないように工夫するのが良いでしょう。

浮気問題が片付いたら、夫婦関係を築く努力を2人でしていく

ここまでして夫の浮気問題にケリをつけたら、これからが勝負となります。まだ再出発のスタートラインに立ったにすぎません。夫婦関係の修復を目指して、これから夫婦2人でお互いに向き合い努力していくことが必要です。

夫婦関係は2人で築いていくものです。どちらか片方の努力では成り立ちません。大切なことは、夫婦関係の修復のためには相手に求めるだけではダメということです。夫もあなた自身も自分を見つめ直し、理想の夫婦関係になれるよう改善すべきことを実行していく必要があります。

もちろん浮気をした夫が一番悪いのは確かですが、浮気に走ってしまった原因があなたにも何かあったのかもしれません。「子供が生まれて妻が相手をしてくれなくなった」「セックスレスで欲求不満だった」「家で文句や小言ばかり言われてストレスが溜まっていた」など、妻や家庭に対する不満を浮気の理由とする夫は非常に多くいます。

浮気のきっかけや原因を明らかにして、それが妻や家庭にあったのであれば、素直に認めて改める姿勢が根本的に問題を解決するために必要です。自分は浮気の被害者であるという気持ちが抜けずに夫ばかり責めたり改善を求めたりすると、夫の不満は募りまた浮気を繰り返すことになりかねません。

夫の気持ちを取り戻すためには、あなた自身も変わる必要があるのです。夜の営みに付き合っているか?、夫が居心地の良い家庭になっているか?などを振り返ってみてください。離れってしまった夫の心を取り戻すための方法については、下記の記事をあわせてご覧ください。

詳細:【浮気されやすい女性の特徴】妻から離れてしまった夫を振り返らせるには?

夫婦関係修復に向けた心構え

浮気を許して関係修復を望むということは、相手のことを再び信じるということです。それには、「また浮気されるかもしれない」という不安がつきまとうでしょう。また、元々の夫婦関係にもよりますが、一度崩れてしまった信頼関係を取り戻すのは想像以上に時間がかかるものです。

「浮気をされた」「裏切られた」というあなたの苦しみが癒えるのにも時間がかかります。頭では理解していても心が追いつかずに辛い気持ちになることも多々あるでしょう。それでも、悩んだ末に夫とやり直すという道を選んだのであれば、家庭の再構築に向けて努力をしなければなりません。

辛いと「あなたが浮気なんかしたからいけないのよ!」と、つい夫を責めてしまいたくなりますが、これではせっかく改善方向に向かっている夫婦関係をまた悪くしてしまいます。浮気のことは蒸し返さずに、グッと堪えて今の夫婦関係の再構築に集中しましょう。

焦りは禁物です。一度壊れかかった関係を元に戻すのは相当な時間がかかるものだと認識して、気長に取り組む姿勢が大切です。辛いときは、信頼できる友人や知り合いなどに相談をして苦しい気持ちを吐き出し、1人で溜め込まずにすることも必要でしょう。

探偵事務所のカウンセリングで関係修復のアドバイスをもらえる

ここまで、証拠を集めて夫の浮気を終結させ、夫婦関係を修復する方法についてご紹介しましたが、これを自分自身で強い意志を持って実行していくことはとても勇気のいることです。実際には、「夫とどう話し合えばいいかわからない」「本当に関係修復できるのか不安、気持ちがまだ整理できない」という方が多いと思います。

そのような方には、探偵事務所のカウンセリングが非常に有効です。探偵は浮気の証拠を掴む浮気調査だけでなく、夫の浮気に苦しむ女性の悩みを聞き、関係修復のためのアドバイスやサポートを行ってくれます。

意外と知られていないかもしれませんが、探偵事務所には調査員とは別に、夫婦問題を専門とするカウンセラーが在籍しており、親身に依頼者の話を聞いて、気持ちを整理したり、希望する結果に向けてどう動けばいいか、などの対処法を一緒に模索してくれます。

証拠収集から関係修復まで、浮気問題を最終的に解決するところまでサポートしてくれるサービスは、探偵を利用する大きなメリットです。多くの探偵事務所では、無料相談を常時受け付けています。1人で悩まずに、専門家に相談して見ることが解決への第一歩となるでしょう。

やり直すかどうか、関係修復できるかどうか迷っている方へ

夫とやり直した方がいいのか、そもそもこの状況で関係修復が可能なのか、なかなか気持ちが整理できずに迷っている方も多いと思います。その場合、すぐに離婚を決めてしまわずに、一度やり直してみて様子を見るという手もあります。

夫に浮気をされて深く傷ついて意気消沈している状態で、冷静な判断をできる人はあまりいません。不貞の証拠を掴めば、慰謝料請求には3年間の有効期限があります。3年間本当に離婚すべきか、夫を信じてやり直せるか、考える猶予があります。

再度夫と向き合ってみて、「やっぱり一緒に暮らしていくのは無理」「辛くてもう耐えられない」というのであれば、それから離婚、慰謝料請求でも遅くありません。心が決まっていない場合は、まずは浮気の証拠を押さえて、それをお守り代わりにすると安心です。

ページTop

10項目で徹底比較!
オススメ探偵事務所ランキング

夫の浮気を対処するためには浮気の証拠が必要です。そのためには探偵事務所へ浮気調査を依頼する必要がありますが、無数にある探偵事務所の料金や口コミ・評判を1件ずつ調べるのは大変ですよね。

そこで当サイトでは大手探偵事務所をランキング形式でご紹介するために会社の信頼性、拠点数、対応エリア、料金の安さ・体系、支払いの利便性、車両・機材の豊富さ、調査能力、カウンセリング能力、アフターフォロー、口コミ・評判の良さといった探偵を選ぶ上で非常に重要な10項目を徹底的に比較しております。

そのため、ランキング上位の探偵事務所は極めて高い調査力を持ち、個人情報の保護も徹底しており、信頼性が高いため安心して夫の浮気調査を依頼することができます。もちろん、カウンセラーへの無料相談のみの利用も大歓迎です。

探偵事務所に在籍している専門資格を持つプロのカウンセラーへ無料相談した方の9割以上が相談だけで悩みを解決しています。夫の浮気でお悩み・お困りの方はまずは無料相談を利用してみてください。

  1位 2位 3位




HAL探偵社 原一探偵事務所 響・Agent
評価詳細 評価詳細 評価詳細



98 / 100 96 / 100 86 / 100


実績多数で顧客満足度も高いので
依頼も安心!
長い歴史と多数の実績
安心して依頼が可能!
TV出演多数の弁護士が
運営する探偵で安心!


日本全国に15拠点、
日本最大級の支社数!
日本全国に18拠点、
日本最大級の支社数!
関東、中部、関西、
九州に全4拠点!




日本全国に加え、
海外での調査
にも対応!
日本全国に加え、
海外での調査
にも対応!
日本全国
どこでも調査が可能!

シンプルな料金体系
相場よりもかなり安い!
シンプルな料金体系だが
競合より高いかも…
わかりやすい料金体系で
相場より安い!


カード払い・分割払い可、
後払い
と文句なし!
カード払い・分割払い可、
後払い
と文句なし!
カード払い・分割払い可、
後払い
と文句なし!




プロ仕様の特殊機材や
車両
を多数所有!
日本最上級の充実した
車両と機材
を完備!
車両は不明だが、
業界最先端の機材を採用!
調


独自の研修とベテラン調査員
高品質な調査!
探偵歴10年以上の
ベテラン
が多数在籍!
10年以上のベテランや
警察OB
が多数在籍!






NPO公認カウンセラーと
ベテラン
が多数在籍!
カウセリングの
資格保有者
が多数在籍!
資格やキャリア等は不明だが、
丁寧な対応!







アドバイスや弁護士紹介などの
手厚いケア
アドバイスや弁護士紹介などの
手厚いケア
アドバイスや弁護士紹介などの
手厚いケア




悪い口コミが見つからず、
良い評判ばかり!
悪い口コミが見つからず、
良い評判ばかり!
口コミが全体的に少ないが、
良い評判ばかり!




HAL探偵社 原一探偵事務所 響・Agent

毎月、探偵事務所の無料相談窓口を利用して多くの方が悩みを解決しています。必要なのは勇気を出して夫の浮気を相談することのみです。最初は辛いかもしれませんが、相談相手はプロのカウンセラーなので、優しく丁寧に話を聞いてくれるので安心です。ですので、何も気にせずにお気軽に無料相談を利用してみてください。当サイトから一人でも多くの方が夫の浮気に関する悩みを解決できることを願っております。

必要な情報がなかったという方へ

最後までご覧いただきありがとうございます。このページの情報はいかがでしたか。「参考にならなかった」「必要な情報が見つからなかった」という方は、下記のページも是非チェックしてみてください。現在のお悩みを解決するヒントになると思います。

初めての浮気調査

探偵で浮気調査

自分で浮気調査

夫の浮気

妻の浮気

全国の浮気調査でおすすめの探偵

北海道の浮気調査でおすすめの探偵
青森の浮気調査でおすすめの探偵
岩手の浮気調査でおすすめの探偵
宮城の浮気調査でおすすめの探偵
秋田の浮気調査でおすすめの探偵
山形の浮気調査でおすすめの探偵
福島の浮気調査でおすすめの探偵
茨城の浮気調査でおすすめの探偵
栃木の浮気調査でおすすめの探偵
群馬の浮気調査でおすすめの探偵
埼玉の浮気調査でおすすめの探偵
千葉の浮気調査でおすすめの探偵
東京の浮気調査でおすすめの探偵
神奈川の浮気調査でおすすめの探偵
新潟の浮気調査でおすすめの探偵
富山の浮気調査でおすすめの探偵
石川の浮気調査でおすすめの探偵
福井の浮気調査でおすすめの探偵
山梨の浮気調査でおすすめの探偵
長野の浮気調査でおすすめの探偵
岐阜の浮気調査でおすすめの探偵
静岡の浮気調査でおすすめの探偵
愛知の浮気調査でおすすめの探偵
三重の浮気調査でおすすめの探偵
滋賀の浮気調査でおすすめの探偵
京都の浮気調査でおすすめの探偵
大阪の浮気調査でおすすめの探偵
兵庫の浮気調査でおすすめの探偵
奈良の浮気調査でおすすめの探偵
和歌山の浮気調査でおすすめの探偵
鳥取の浮気調査でおすすめの探偵
島根の浮気調査でおすすめの探偵
岡山の浮気調査でおすすめの探偵
広島の浮気調査でおすすめの探偵
山口の浮気調査でおすすめの探偵
徳島の浮気調査でおすすめの探偵
香川の浮気調査でおすすめの探偵
愛媛の浮気調査でおすすめの探偵
高知の浮気調査でおすすめの探偵
福岡の浮気調査でおすすめの探偵
佐賀の浮気調査でおすすめの探偵
長崎の浮気調査でおすすめの探偵
熊本の浮気調査でおすすめの探偵
大分の浮気調査でおすすめの探偵
宮崎の浮気調査でおすすめの探偵
鹿児島の浮気調査でおすすめの探偵
沖縄の浮気調査でおすすめの探偵

浮気問題でお困りの方へ

当サイト人気No.1
HAL探偵社へ無料相談

0120-707-137