浮気相手の住所や氏名・名前はどう調べる?特定方法と注意点

夫や妻の浮気が発覚したら、浮気相手がどこの誰なのか?知りたいと思うでしょう。慰謝料請求をするためにも、内容証明郵便の送付先として相手の住所や連絡先が必要になります。

相手の身元を特定できなければ、配偶者と別れさせることもできません。では、浮気相手を突き止め、住所や名前などの個人情報を入手するためにはどうすればいいのでしょうか。自分で調べる方法と専門家に依頼する方法をご紹介します。

パートナーの浮気でお悩みの方へ

浮気や夫婦問題に関する
専門資格を持つプロのカウンセラー
無料相談してみませんか?

《利用者の声》
「これから何をすべきかはっきりして
前向きに考えられるようになった」
「ずっと落ち込んでいたけど相談したら
嘘のように気持ちが明るくなった」
「たくさんあった心配事がなくなって
一気にストレスを解消できた」

無料相談窓口を利用した9割以上の方
相談だけで悩みを解決しています。

  • 完全無料!日本全国24時間365日対応!
  • 匿名OKなので個人情報は必要なし!
  • 浮気かどうかわからない方も歓迎!

下記の探偵事務所には専任カウンセラーが
在籍しているので無料で相談が可能です。

1位 2位 3位
HAL探偵社 原一探偵事務所 響・Agent
満足度98% 解決実績No.1 弁護士が運営

ランキングを詳しく見る

浮気問題の解決には浮気相手の特定が必要

夫や妻が浮気をしていることが発覚しても、浮気相手がどこの誰なのかわからなければ対処することができません。配偶者としての「誰と浮気しているのかとにかく知りたい」という気持ちの問題だけでなく、その後の対応をとる上でも浮気相手の特定は必ず必要になります。

浮気相手と別れさせてパートナーと関係修復をしたいと考えている場合は、相手が誰なのかわからなければ話し合いができませんし、別れることを約束する誓約書を書かせることもできません。また、浮気相手に制裁を加えるために慰謝料請求をしたい場合は、内容証明郵便で相手に通知するため、相手の本名と住所が必要になります。

浮気の詳細をうやむやのままにして然るべき対処をしなければ、浮気問題は根本的に解決しません。夫や妻が白状しないからと言ってあきらめるのではなく、しっかりと調べてパートナーと今後について話し合うことが大切です。

夫・妻を問い詰めて自白させるのは難しい

パートナーの浮気の疑惑が浮上したら、すぐにでも真実を確かめようと相手を問い詰めたくなってしまうと思います。しかし、確実な証拠もない疑いの時点で問い詰めても、ごまかしたり、嘘をついて言い逃れしようとするでしょう。

浮気相手が誰かバレてしまうと、相手に迷惑がかかる、厄介なことになると考えているでしょうから、浮気の事実は認めても、浮気相手については頑に話さないということもあります。そのため、言い逃れができない証拠を押さえて相手に突きつけない限り、白状して全てを話すことは考えにくいと言えます。

特に、証拠を押さえる前に問いただしてしまうと、疑われていることに警戒して浮気相手に会うのに慎重になったり、浮気の証拠隠滅をそれまで以上に徹底するようになり、確実な証拠を掴むことができなくなりますので気をつけましょう。

今持っている浮気相手の情報は?

パートナーの浮気相手を特定するためには、手がかりとなる情報が必要です。フルネームがわかっている、LINEのIDの名前しかわからない、電話番号だけわかる、何もわからない、など今持っている情報は様々でしょう。

今わかっている情報量によって、調べる方法は異なってきますので、どこまでの情報があるのか?、その情報を元にどのように調べることができるか?まず整理してみましょう。

パートナーの浮気を解決する最短の方法

自分で調べているうちにも、
どんどん時間は過ぎていきます。
もっと効率よく確実に
パートナーの浮気を解決したいのであれば、
こちらをご覧になると
「この先どうするべきか」がわかります。

夫の浮気の
対処法
妻の浮気の
対処法

浮気相手のフルネーム、本名がわかっている場合

浮気相手の本名がわかっている場合の相手を調べる方法としては、Facebookでの検索が有効でしょう。Facebookは基本的に実名登録なので、相手が偽っていない限り本名で登録されているはずです。

名前の漢字がわからなくても、アルファベットで検索が可能なのがFacebookの良い点です。名前で検索してみて、パートナーと関連のある人物が見つかったら怪しいと言えます。もしパートナーのFacebookアカウントを使用できる環境であれば、友達一覧から探すのが早いでしょう。

Facebookでの浮気相手特定方法については、後段でもご紹介しますのでご覧ください。

インターネットで名前を検索する方法もありますが、同姓同名の人物など関係のない情報までたくさん出てきますので、そこから確実な情報を見つけるのは難しいでしょう。もし、企業のホームページなど名前が公開されているページがあれば、浮気相手特定につながるかもしれません。

浮気相手のLINEのアカウント名がわかっている場合

夫や妻の浮気がLINE(ライン)のメッセージで発覚し、浮気相手のアカウント名はわかるという場合、アカウント名は本名で登録されていないケースが多いのが難点です。また、LINEは表示名を自由に変えられるため、パートナーが浮気相手と気付かれないように変更していることも考えられます。

これ以上は何もわからないのか…とあきらめる前に、まだ方法はあります。パートナーのスマホを操作できる場合に限りますが、LINEの友だちの画面で、浮気相手と思われる人物の名前をタップすると表示名の下に実際の登録名が表示されています。そこから名前の手がかりが得られるかもしれません。

また、相手のプロフィール画面に投稿があれば、どのような人物なのか、どこの誰なのか、投稿やコメントからヒントが得られる可能性もあります。LINEで浮気調査をする方法の詳細は、下記をご覧ください。

詳細:LINEで浮気調査!LINEから浮気を見破る方法

浮気相手が会社の同僚で名字だけわかっている場合

浮気相手が会社の同僚で、相手の名字だけわかっている場合は、取引先を装って会社に電話をするという方法があります。「○○さんをお願いします。」と電話して、本人につないでもらい、相手が出たら浮気について問いただして会う約束を取り付けるのです。浮気相手も職場に電話をされたり押し掛けられたりしたら困るので、社外で会うことに応じる可能性が期待できます。

また、もし会社に知り合いがいるようなら、その人に頼んで情報をもらうことが可能かもしれません。Facebookでも勤務先の情報を公開している場合があるので、名前と会社名をヒントに浮気相手を探してみるのも良いでしょう。

電話番号から自力で浮気相手の名前や住所を調べる方法

固定電話の番号がわかれば、NTTの電話帳ハローページで該当するものがないか調べて名前を特定する方法もありますが、現在では防犯上の都合でハローページに情報を公開していない人が増えているので、確実な方法ではないでしょう。

最近では自宅の固定電話はなく、携帯電話しか持っていない人も増えています。携帯電話の番号しかわからない場合でも、かなり荒業にはなりますが、宅配業者を装って相手から住所や氏名を聞き出すという方法があります。

送り状の住所の記載が不明瞭でわからないという体で、大手宅配業者を名乗り電話をかけ住所を聞き出します。疑うことなく住所を教えてもらえたら、念のため名前も確認させてくださいと言えば、そのまま答えてくれる可能性が高いです。

荷物の心当たりがなければ、差出人は誰かと聞かれる可能性がありますが、その際には荷物はドライバーが持ち出しており、ドライバーから住所確認の依頼がセンターに来ているということにしてしまえば大抵の場合はかわすことができるでしょう。

実際に配達はないので、あとでドライバーの間違いだったとの謝りの電話を入れておけば良いでしょう。ただし、宅配業者を装い相手を騙すというのは違法行為にあたりますので、お勧めの方法ではありません。

浮気相手の情報が何もない場合、Facebookから浮気相手を特定する方法

SNSからは非常に多くの情報を得ることができます。夫や妻のFacebookページで投稿記事にいいね!をしている人やコメントしている人のプロフィールに飛んで、どんな人物か調べるという方法があります。また、写真に一緒に写っている人もタグ付けされていれば、そこをたどって調べることができます。

地道な作業になりますが、このようなチェックにより配偶者と特定の人物との関係性が何か見えてくるかもしれません。相手が公開していればですが、Facebookからは氏名、学歴、勤務先など様々な情報を得られる可能性があります。

勤務先がわかれば、そこから相手を尾行して、住所を突き止めることができるかもしれません。ただし、プロの探偵でない限り、一般人が尾行をするのは簡単なことではありませんし、気付かれたときのトラブルを考えるとあまりお勧めできません。

また、相手が特定できた場合、投稿されている写真の位置情報で自宅のある地域の情報が得られる可能性があります。他の写真からも、浮気場所や相手に関する何かしらの情報が得られるかもしれません。

Facebookで調査をするときの注意点は、夫や妻のアカウントにログインをすると、別の端末からログインがあったことを知らせる通知が送られるログインアラートのセキュリティ機能があることです。

また、何度もパスワードを試してログインに失敗すると、不正ログインを知らせる通知が送られるようにもなっています。公開されている情報が少ない場合、本人のアカウントに入って調査するのが有効ですが、十分に注意して行う必要があります。

Facebookで浮気調査をする方法の詳細は、下記をご覧ください。

詳細:Facebookで浮気調査|フェイスブックから夫や妻の浮気を暴く

浮気相手の情報が何もない場合、GPS追跡から浮気相手を特定する方法

パートナーのスマホや持ち物などをチェックしても、浮気相手に関する情報が得られない場合、尾行や追跡をすれば相手を突き止めることができるでしょう。ただ、素人が尾行をすることは時間的にも技術的にも難しいため、GPSを利用した追跡調査が現実的です。

GPSでの調査は、GPS発信機やロガーを使用する方法と、スマホのアプリを使用する方法とあります。時間はかかると思いますが、夫の車にGPS機器を忍ばせ2人の行動を確認することで、浮気相手の自宅を突き止めることができるかもしれません。

自宅を突き止めれば、表札から名前がわかる可能性があります。なお、ポストの郵便物を調べて名前の情報を取得することは違法行為となる可能性があるのでやめましょう。GPSでの浮気調査の方法については、下記をご覧ください。

詳細:GPS発信機・GPSロガーをレンタル・購入して自分で浮気調査がおすすめ
詳細:iPhone・AndroidスマホのGPS浮気調査・予防アプリ

弁護士会照会制度を利用する

弁護士会照会制度とは、弁護士法第23条の2に定められており、弁護士が案件に関して事実確認や証拠収集のために必要な情報を官公庁や企業に照会することができる制度です。

弁護士個人が自由に行えるものではなく、正当な理由があって弁護士会の承認を得た場合のみ照会が可能となります。他人の個人情報を入手するものなので、その相当性と必要性が厳しく審査されます。

浮気問題の場合は、浮気相手への慰謝料請求など法的案件を弁護士に依頼して、そのために必要な情報を入手するためであれば、認められる可能性が高いですが、単純に浮気相手の住所が知りたいというだけで利用できる制度ではありません。

弁護士会照会ができる場合、浮気相手の電話番号、メールアドレス、車のナンバーなどの情報があれば、携帯電話会社や管轄団体に問い合わせて、所有者の氏名や住所を入手することができます。ただし、照会拒否をする企業もありますのでご注意ください。

また、弁護士は職権として、浮気相手の住民票の写しや戸籍謄本を取り寄せることができます。こちらも、損害賠償請求や訴訟の依頼を受けた場合のみ、必要書類を揃えるために許可された行為です。

ただし、慰謝料請求をするためには、先に浮気の証拠を掴む必要があります。浮気の証拠がないのに、特定の人物を浮気相手と決めつけて個人情報を調べるということは弁護士もできません。そのため、まずは浮気の証拠を掴むことを第一に考えましょう。

浮気相手を特定できてもやってはいけないこと

夫や妻の浮気相手が誰だかわかったら、殴り込みに行ってやる!と考える方も少なくないでしょう。しかし、これは絶対にやってはいけません。浮気相手に対する怒りや憎しみは相当なものでしょうが、相手に暴力を振るったり、暴言を吐いたりすると、暴行罪や脅迫罪で逆に訴えられてしまう可能性があります。

浮気相手がパートナーの職場の同僚だった場合に職場に浮気を暴露したり、インターネット上で実名で誹謗中傷することなども名誉毀損に当たります。合法的に浮気相手に制裁を加える方法は、慰謝料請求しかありません。

お金だけでは気が済まないという気持ちもわかりますが、感情的になって不法行為を働き、あなた自身が不利になってしまっては意味がありません。浮気相手に仕返ししたい、貶めてやりたいという気持ちをぐっと堪えましょう。

浮気の証拠収集から浮気相手の身元調査まで、探偵事務所・興信所に依頼する

上記でご紹介したように、夫や妻の浮気相手を特定するために自分で調べる方法はいくつかあります。しかし、相手が特定できたら問題が解決するかというと、そうではありません。パートナーや浮気相手と話し合う、交渉するためには、確固たる浮気の証拠が必要なのです。

相手が特定できて、「あなた、うちの旦那と浮気してるわよね?」「お前が嫁と不倫している男か!」と訴えようとしても、浮気の証拠がなければそれはできません。そのため、全て自分で調べて解決できるものではなく、最終的には証拠収集のための浮気調査が必要だということを忘れないでください。

探偵であれば、浮気の証拠収集から浮気相手の氏名や住所を調べるところまで請け負ってくれます。相手との話し合いの場を持つにしろ、慰謝料請求をするにしろ、まずは浮気の証拠を押さえなければ話を進めることができません。

浮気の現場を押さえることで浮気相手を特定し、相手を尾行することで自宅や勤務先などの個人情報を集めることが可能です。探偵はもともと人探しや身辺調査などを取り扱っているので、その分野に長けています。

弁護士に依頼する場合は、相手の電話番号や氏名などある程度の情報が事前に必要ですが、探偵の場合は限られた情報からも調査が可能です。そのため、自分で浮気相手の情報を集めることが難しい場合は、探偵に全て任せてしまうというのも手です。

もちろん、事前情報が多ければその分調査費用を安く抑えることが可能なので、自分で調査できることがあれば、相手に気付かれない範囲で慎重に行うと良いでしょう。ただ、無理して自力で調べようとすると失敗する可能性が高いので、早めに探偵に相談を行い、良いタイミングで調査依頼をすることが賢明です。

詳細:【安い浮気調査を実現する方法】自分で費用を安くできる!格安料金で探偵へ依頼するコツ

ページTop

10項目で徹底比較!
オススメ探偵事務所ランキング

パートナーの浮気を対処するためには浮気の証拠が必要です。そのためには探偵事務所へ浮気調査を依頼する必要がありますが、無数にある探偵事務所の料金や口コミ・評判を1件ずつ調べるのは大変ですよね。

そこで当サイトでは大手探偵事務所をランキング形式でご紹介するために会社の信頼性、拠点数、対応エリア、料金の安さ・体系、支払いの利便性、車両・機材の豊富さ、調査能力、カウンセリング能力、アフターフォロー、口コミ・評判の良さといった探偵を選ぶ上で非常に重要な10項目を徹底的に比較しております。

そのため、ランキング上位の探偵事務所は極めて高い調査力を持ち、個人情報の保護も徹底しており、信頼性が高いため安心してパートナーの浮気調査を依頼することができます。もちろん、カウンセラーへの無料相談のみの利用も大歓迎です。

探偵事務所に在籍している専門資格を持つプロのカウンセラーへ無料相談した方の9割以上が相談だけで悩みを解決しています。パートナーの浮気でお悩み・お困りの方はまずは無料相談を利用してみてください。

  1位 2位 3位




HAL探偵社 原一探偵事務所 響・Agent
評価詳細 評価詳細 評価詳細



98 / 100 96 / 100 86 / 100


実績多数で顧客満足度も高いので
依頼も安心!
長い歴史と多数の実績
安心して依頼が可能!
TV出演多数の弁護士が
運営する探偵で安心!


日本全国に15拠点、
日本最大級の支社数!
日本全国に18拠点、
日本最大級の支社数!
関東、中部、関西、
九州に全4拠点!




日本全国に加え、
海外での調査
にも対応!
日本全国に加え、
海外での調査
にも対応!
日本全国
どこでも調査が可能!

シンプルな料金体系
相場よりもかなり安い!
シンプルな料金体系だが
競合より高いかも…
わかりやすい料金体系で
相場より安い!


カード払い・分割払い可、
後払い
と文句なし!
カード払い・分割払い可、
後払い
と文句なし!
カード払い・分割払い可、
後払い
と文句なし!




プロ仕様の特殊機材や
車両
を多数所有!
日本最上級の充実した
車両と機材
を完備!
車両は不明だが、
業界最先端の機材を採用!
調


独自の研修とベテラン調査員
高品質な調査!
探偵歴10年以上の
ベテラン
が多数在籍!
10年以上のベテランや
警察OB
が多数在籍!






NPO公認カウンセラーと
ベテラン
が多数在籍!
カウセリングの
資格保有者
が多数在籍!
資格やキャリア等は不明だが、
丁寧な対応!







アドバイスや弁護士紹介などの
手厚いケア
アドバイスや弁護士紹介などの
手厚いケア
アドバイスや弁護士紹介などの
手厚いケア




悪い口コミが見つからず、
良い評判ばかり!
悪い口コミが見つからず、
良い評判ばかり!
口コミが全体的に少ないが、
良い評判ばかり!




HAL探偵社 原一探偵事務所 響・Agent

毎月、探偵事務所の無料相談窓口を利用して多くの方が悩みを解決しています。必要なのは勇気を出してパートナーの浮気を相談することのみです。最初は辛いかもしれませんが、相談相手はプロのカウンセラーなので、優しく丁寧に話を聞いてくれるので安心です。ですので、何も気にせずにお気軽に無料相談を利用してみてください。当サイトから一人でも多くの方がパートナーの浮気に関する悩みを解決できることを願っております。

浮気調査や探偵事務所についてもっと知りたい方へ

最後までご覧いただきありがとうございます。このページの情報はいかがでしたか。浮気調査や探偵についてもっと詳しく知りたいという方は、下記のページも是非チェックしてみてください。現在のお悩みを解決するヒントになると思います。

初めての浮気調査

探偵で浮気調査

自分で浮気調査

夫の浮気

妻の浮気

全国の浮気調査でおすすめの探偵

北海道の浮気調査でおすすめの探偵
青森の浮気調査でおすすめの探偵
岩手の浮気調査でおすすめの探偵
宮城の浮気調査でおすすめの探偵
秋田の浮気調査でおすすめの探偵
山形の浮気調査でおすすめの探偵
福島の浮気調査でおすすめの探偵
茨城の浮気調査でおすすめの探偵
栃木の浮気調査でおすすめの探偵
群馬の浮気調査でおすすめの探偵
埼玉の浮気調査でおすすめの探偵
千葉の浮気調査でおすすめの探偵
東京の浮気調査でおすすめの探偵
神奈川の浮気調査でおすすめの探偵
新潟の浮気調査でおすすめの探偵
富山の浮気調査でおすすめの探偵
石川の浮気調査でおすすめの探偵
福井の浮気調査でおすすめの探偵
山梨の浮気調査でおすすめの探偵
長野の浮気調査でおすすめの探偵
岐阜の浮気調査でおすすめの探偵
静岡の浮気調査でおすすめの探偵
愛知の浮気調査でおすすめの探偵
三重の浮気調査でおすすめの探偵
滋賀の浮気調査でおすすめの探偵
京都の浮気調査でおすすめの探偵
大阪の浮気調査でおすすめの探偵
兵庫の浮気調査でおすすめの探偵
奈良の浮気調査でおすすめの探偵
和歌山の浮気調査でおすすめの探偵
鳥取の浮気調査でおすすめの探偵
島根の浮気調査でおすすめの探偵
岡山の浮気調査でおすすめの探偵
広島の浮気調査でおすすめの探偵
山口の浮気調査でおすすめの探偵
徳島の浮気調査でおすすめの探偵
香川の浮気調査でおすすめの探偵
愛媛の浮気調査でおすすめの探偵
高知の浮気調査でおすすめの探偵
福岡の浮気調査でおすすめの探偵
佐賀の浮気調査でおすすめの探偵
長崎の浮気調査でおすすめの探偵
熊本の浮気調査でおすすめの探偵
大分の浮気調査でおすすめの探偵
宮崎の浮気調査でおすすめの探偵
鹿児島の浮気調査でおすすめの探偵
沖縄の浮気調査でおすすめの探偵

浮気問題でお困りの方へ

当サイト人気No.1
HAL探偵社へ無料相談

0120-707-137